ユーザー名
  • instagram

もう周りの目も気にならない!子連れ長距離移動を乗り切るワザ

もう周りの目も気にならない!子連れ長距離移動を乗り切るワザ

待ちに待ったGW! 帰省や旅行などいまからワクワクしますよね。

でも、いざ子連れでの長距離移動となると、子どものぐずり、周囲の目…いろいろと気を遣うもの。

そこで、ママも子どもも楽しく長距離移動できるコツを、筆者の経験も踏まえて移動手段別に紹介します。




移動手段:自動車の場合


密室だから周囲の目を気にすることなく、比較的気持ちが楽な自動車での移動。でも、チャイルドシートに座りっぱなしだと、子どもが飽きるのも早いです。

遠方の場合は可能であれば、深夜の移動がオススメ。子どもが寝ている間に、一気に目的地まで進んでしまうのが手です。ただ、夜間の運転は親の負担も大きいので、安全第一で。



日中に移動する場合でも、子どものお昼寝時間を意識して移動すると良いですよね。残念ながら寝てくれそうもない場合は、お気に入りのCDをかける、おやつや飲み物をあげる、お気に入りのおもちゃや新しいおもちゃを用意しておくなど、事前の準備は抜かりなく。

渋滞のときはトイレ問題も勃発しますので、サービスエリアの位置もしっかりと頭に入れておくと安心です。子どもが起きている場合は、こまめに休憩をとり、外の空気を吸って気分転換しましょう。



少し大きい年齢になってきたら、前後の車のナンバーや地名を読み上げたりするのも楽しいですよ。




移動手段:電車・新幹線の場合


繁忙期の電車や新幹線は混み合うこと間違いなし。移動することが決まったらすぐに指定席の予約を! 乗車日の1ヶ月前から予約できるので、できるだけ早く行動に移すべし。トイレや多目的室の位置をチェックして、なるべく近い座席を確保しましょう。


連結部分のデッキにすぐ移動できる車両の最前列か最後列がオススメですが、いずれも人気があるため高倍率です!
また、新幹線の車両によっては車椅子の方向けの座席があり、出発間際までこの座席が空いている場合に限り、座席変更できることがあります。もしもその座席に変更できたら、ベビーカーを畳まずにそのまま乗せられる、という裏技も。



自由席利用の場合は、ホームの列に早くから並んでおく必要があるので、自由席の車両は事前に要チェック! 実は新幹線の車両の座席数は車両によって違うことをご存知ですか?
たとえば、自由席が3両ある新幹線の場合、1号車65席、2号車100席、3号車85席と、かなり差があります。つまり、狙い目は偶数車両!
このことを頭に入れておくと、自由席に座りやすいかもしれません!



子どもがぐずったらすぐにデッキに移動できるよう、貴重品を持ち歩けるボディバッグやポーチを着用していると焦りません。
おむつ替えや授乳のときは、駅員さんに伝えると多目的室を開けてくれますので、ぜひ声をかけてみてください。



音が鳴らないおもちゃや、片手でも食べやすい食べ物を用意しておくのも必須。お絵描きボードやシールブックなどがオススメ。DVDプレーヤーを準備しておくのも良いですね。イヤホンは忘れずに。




移動手段:飛行機の場合


最も逃げ場が無く、周囲の目も気になる飛行機。空港に早めに行き、搭乗前に思いっきりキッズスペース等で遊ばせておいて、すぐに寝かせるのが一番です!


また、離陸時の耳抜きが子どもには難しいので、お茶などの飲み物を飲ませたり、飴を舐めさせるなどの対策を。機内は冷えることがあるので、羽織れるものやタオルケットなどを用意しておくと安心です。

とにかく飽きさせないよう、新しいおもちゃを買っておいたり、おやつやジュースを用意したり…なんとか搭乗時間を乗り切りましょう!




なにより大切なのは、どんな状況になっても対処できるように、事前に頭の中でシミュレーションしておくこと! そうすれば、よほどのトラブルが無い限り、焦らず対応できます。トイレの位置などを事前にチェックしておくことは必須です。


あとは、周りの人に一声かけておくことも大切。この行動ひとつで、子どもが騒いでしまったときの相手の反応がまるで違います。移動時間も親子にとって楽しい時間になりますように!




文/水谷 花楓
Photo/Daniele Pesaresi
参照/
みたか子育てネット・子育てコンビニ「さあ夏休み!子連れ長距離移動のワザを教えて!」
子どもとおでかけ情報いこーよ「子連れでの長距離移動を楽しく乗り切るコツ」
dot.「混雑する新幹線自由席に座って帰るコツはこれだ!」


ベビーパーク体験2回コース(8,640円)→無料体験できる!「頭のいい子」を育てる方法

ベビーパーク体験2回コース(8,640円)→無料体験できる!「頭のいい子」を育てる方法

「ねえこれ知ってる?」
友だちにも教えてあげよう♪

もう周りの目も気にならない!子連れ長距離移動を乗り切るワザ

この記事が気に入ったら
いいね!してね

mamaPRESSの最新情報をお届けします

あなたにオススメ