ユーザー名
  • instagram

イベント

2013.05.20

山梨のママたちから学ぶ地域イベントの開催“術”ママまつり@山梨事前レポ

山梨のママたちから学ぶ地域イベントの開催“術”ママまつり@山梨事前レポ

地域の助け合い文化。

ママを中心に地域が一緒に

コミュニティを楽しく盛り上げる



この度、ママプレスは2013年6月30日(日)に山梨県のブルーハウスで開催される「ママまつり×HAPPY MEETS2013@山梨」のイベント事前ミーティングに取材に行きました。


 


今回も、ママたちが地域でつながり、イベントを開催する秘訣がたくさんあったのでご紹介します☆


 


皆さんも自分たちが住む街で開催することをイメージして、記事を読んでみてくださいね!山梨県にお住まいのママたちはぜひ参加してみてください。


 


まず、主催団体であるNPO法人チルドリン代表の蒲生さん、一般社団法人Stand for mothersの都丸さん、今回の実行委員長である馬渕節子さん、そして、運営スタッフ側のママさんたちからのイベントの目的の説明、あいさつがありました。


 


山梨のママたちから学ぶ地域イベントの開催“術”ママまつり@山梨事前レポ_1


当日50ブース以上出店する出展者の中から30名を超えるママたちが大集合。絵画アーティストママ、オーガニック食、アロマ、耳つぼジュエリー、パソコン教室、解放をテーマにしたカウンセリング、クラフトなどなどたくさんのスキルを持つママさんが一堂に介しました。


 


●POINT1


担当がイベントマニュアルに沿って明確


 


山梨のママたちから学ぶ地域イベントの開催“術”ママまつり@山梨事前レポ_2


責任者、受付、司会、ステージ担当などイベントのマニュアルに沿ってしっかりと役割が切られており、ブース出展者・参加ママたちが安心して参加できるようになっています!また、主催者からイベントの目的もしっかりと伝えられるので、全員が同じ方向に向いてすすようにもなっています!


 


 


運営を担当するイベント事務局のママたちからの説明やあいさつのあと、イベントに出展する地域のママたちの自己紹介が行われます。想いを持って参加しているママたちばかりなので、あいさつにも力が入ります!


 


●POINT2


参加者全員が自己紹介をする


山梨のママたちから学ぶ地域イベントの開催“術”ママまつり@山梨事前レポ_3


山梨のママたちから学ぶ地域イベントの開催“術”ママまつり@山梨事前レポ_4


山梨のママたちから学ぶ地域イベントの開催“術”ママまつり@山梨事前レポ_5


どのママがどの地域でどんな活動を行っているかがわかるので、とてもスムーズにコミュニケーションが図られ、どんどんとママたちどうしが“つながり”を作っていきます。イベント以外でも関係が生まれ地域のコミュニティ作りに生かされていきます。


 


 


次は、山梨のイベントオリジナルのこころみである「自己紹介シート」の作成。出展者どうしや、来場したママたちに少しでも自分たちの活動を知ってもらうための工夫なんです。


 


●POINT3


自己紹介シートを全員作成する


DSC_1633


 


 


ひとしきり作業が終了したところで、「親睦ランチ会」が開催されました。先ほどの自己紹介もあってか、ママたちどうしがどんどんと話し、仲良くなって行きます。“つながること”の重要性を掲げているので、時間も約1時間とたっぷりと用意☆


 


●POINT4


やっぱり気楽なおしゃべりも大切


DSC_1763


はじめてどうしのママたちが“イベント”という同じ目標を持つことでわいわい楽しく時が進んでいきます。こうやって出会いが生まれ交流が生まれるのですね。


 


DSC_1732


 お弁当も関連するママさんから購入☆肉を使わない野菜主体のお弁当。ママたちのことを考え、メニュー表をつけてくれていました。気になるものがあれば、後ほどレシピを頂けるとのこと。些細なことですが、素敵だなぁ~と感じさせられました!


 


 


そして、山梨のイベントの素晴らしいところは、ママたちだけでなく地域に根ざして活動するパパや男性も参加しているということです。


 


今回の会場であるブルーハウスは、地域を良くしたいという有志がちょっとずつお金を出し合って運営している場所なんです。ブルーハウスを運営するファーストシップの小澤克徳さんも事前ミーティングに参加し想いを共有してくれました。


 


 


●POINT5


ママを超えた“つながり”の存在


DSC_1798


ファーストシップは、山梨県で江戸時代からある「無尽」という相互扶助の仕組みで運営されています。ルールはあえて作らず、みんなのやり取りから決めていくんです。結果として、素敵な場にコミュニティが生まれていくんです。ペンキを塗ったり、掃除をしたり、スピーカーの工事をしたり…、すべて共同作業で行われます。


 


 


最後は、小澤さんの“一本びらき”で締めくくり。帰り際に、参加したママたちが、イベントのチラシを各地に住むママたちが持ち帰り近所で配布!これは、成功間違いなしですね☆


 


DSC_1806


 


 


最後に、ぜひとも紹介したいのは、ママさんたちの「お困りごと」を集める「ママを笑顔にするプロジェクト」。すでに4300近くママの声が集まっています。全国17か所から集まったママの声は、最終的にその声をもとにやれることを一緒に探すワークショップに使われます。ママの声から、地域を良くしていく仕組みを一緒に作っていきましょう!


 


 


tVdevyD_73_KpWEzvdk--KcwIozxndvTRGdx9aFNU-Q,wQkzhkQWx27W__4luB2mkeGZLCuCj3jRxSe-kfhRVVQ


 


■イベント詳細


「ママまつり×HAPPY MEETS 2013 in 山梨」


日時:6月30日(日)10:00~16:00


場所:ブルーハウス/昭和町清水新居1314 


後援:NPO法人山梨県ボランティアセンター・山梨県社会福祉会・昭和町・昭和町商工会・山梨日日新聞・三日放送(申請中)、協力:ファーストシップ・ROMANTIC MOTHERS STYLE・NPO法人山梨県よさこい推進連盟


 


■主催


NPO法人チルドリン一般社団法人Stand for mothers


 


■特別協力
公益財団法人 日本財団 ママの笑顔を増やすプロジェクト
リンク先:http://mamapro.jp/  


 


 ■最後に


ママプレスでは、NPO法人チルドリン、一般社団法人Stand for mothers、公益財団法人 日本財団 ママの笑顔を増やすプロジェクト「ママプロ」、地域行政、企業などと協力して、全国のイベントをつなぎ支援やサポートをしています。


私たちイベントやっています!とか、挑戦したいです!というママさんがいれば、ぜひぜひinfo@mamapress.jpまでご一報ください。


 


(mamaPRESS編集部)


 


 


ベビーパーク体験2回コース(8,640円)→無料体験できる!「頭のいい子」を育てる方法

ベビーパーク体験2回コース(8,640円)→無料体験できる!「頭のいい子」を育てる方法

あわせてチェック!

    「ねえこれ知ってる?」
    友だちにも教えてあげよう♪

    山梨のママたちから学ぶ地域イベントの開催“術”ママまつり@山梨事前レポ

    この記事が気に入ったら
    いいね!してね

    mamaPRESSの最新情報をお届けします

    関連キーワード
    あなたにオススメ