ユーザー名
  • instagram

軽減税率っておトクなの?ママ目線でわかりやすく解説!

軽減税率っておトクなの?ママ目線でわかりやすく解説!

消費税10%の引き上げが予定される2017年。合わせて導入される見通しなのが“軽減税率”。国民の7割以上が賛成している中、一方で反対する声が上がっているのも事実です。「トクするはずなのに、どうして反対するの?」そんな素朴な疑問にお答えし、今回は軽減税率についてわかりやすく説明します。

一部の対象商品が消費税8%に据え置き!家計にはうれしい『軽減税率』

2017年に10%に上がる消費税。しかし、一部の生活用品の消費税を従来の8%に据え置こうと検討されているのが軽減税率です。2014年4月に消費税が5%から8%に上げられたのは記憶に新しいですよね。これが庶民の生活にも大きな影響を与え、消費が大きく冷え込みました。そんな二の舞を封じようと練られた策がこの軽減税率なのです。

当然のことながら、食料品を中心とした生活用品の税率が据え置きであれば、家庭の負担は少なくなります。例えば1,000円のものを買うにしても、消費税10%だと1,100円、8%だと1,080円。その差は20円ですが、仮にひと月50,000円を生活必需品に使うとすると、その差は1,000円。年間に換算すると12,000円にものぼります。

ちょっぴり分かりづらい軽減税率対象品

ただ消費税の軽減税率の導入を混乱させている原因が、その対象商品。特に食品については議論が繰り返され、ようやくお菓子や飲料を含めた加工食品全体が、消費税8%に据え置かれる見通しとなりました。ただその線引きはとても分かりづらいよう…。

例えば、同じお酒でも
日本酒⇒お酒は軽減税率の対象外なので、消費税10%
料理酒⇒生活必需品の調味料に分類されるので、消費税8%
ウイスキーボンボン⇒お菓子は加工品なので、消費税8%
のように、分類されます。

また子ども用のおもちゃでも
食玩⇒加工品であるお菓子扱いなので、消費税8%
おもちゃ⇒生活必需品ではないので、消費税10%
と違いがでるようです。おもちゃにお菓子がついているか否かで消費税が変わるってちょっとおかしな話ですが…。

とりわけ線引きがややこしいのが、ファストフードやコンビニで購入する食品。

例えば、ファストフードの場合は同じ商品でも
店内飲食⇒レストランで食事をするのと同じ外食扱いなので、消費税10%
お持ち帰り⇒こちらは弁当を買って帰るのと同じ感覚なので、消費税8%
と同じ商品でも食べる場所によって消費税率が変わります。

では次のような場合、消費税はどうなるのでしょうか。

  1. テイクアウトにして店の外のベンチで食べる場合
  2. テイクアウトにしたけれど、気が変わって店内で食べた

正解は、

  1. 店外での飲食なので、消費税8%
  2. 法律上は違反になる

少しでもおトクにファストフードを楽しみたいなら、お持ち帰りするのがよさそうです。

結局のところ大して得にならないんじゃ…?反対意見の声

一見、おトクなことが多いように感じる軽減税率ですが、反対意見に耳を傾けてみると、「商品を売る事業者にとってのコスト負担が大きい」との声が多く聞かれます。消費税とは、お店にとっては納税義務のある預り金。もちろん、お店の収入になるわけでは決してありません。

ただ、軽減税率が導入されると税率が一律ではないわけですから、レジシステムや管理システムの変更、社員の教育などが必要になり、事業主の諸々の負担が増えてしまいます。さらに後々にはその負担が、商品の値上げなどにより消費者の肩にのしかかってくることも予想されます。

さまざまな意見がありますが、ともあれ消費税率の引き上げは間もなく。軽減税率対象商品をよく調べて、お金は賢く使いたいですね。

参照/ フジテレビ「せ~の!グッディ! ハンバーガーは持ち帰りがお得!? 軽減税率のボーダーライン」
リクナビNEXT JOURNAL「ホントにお得?軽減税率について、わかりやすく知りたい!」

mamaPRESS編集部

mamaPRESS編集部

mamaPRESS編集部です!“「ママ」であることをもっと楽しみたい!輝きたい!”そんなママたちのために「ママ」が知りたい情報だけをお届けしています。mamaPRESSを読むことで、心に...

詳しくはこちら
あわせてチェック!

    「ねえこれ知ってる?」
    友だちにも教えてあげよう♪

    軽減税率っておトクなの?ママ目線でわかりやすく解説!

    この記事が気に入ったら
    いいね!してね

    mamaPRESSの最新情報をお届けします

    関連キーワード