ユーザー名
  • instagram

話題

2019.03.14

近所の子が虐待されているかもしれない…周囲の大人ができることとは?

近所の子が虐待されているかもしれない…周囲の大人ができることとは?

事件当時わずか小学4年生だった栗原心愛ちゃんの命を奪った野田市虐待死事件。子どもを持つ身として、このニュースに心を痛めたママも多いのではないでしょうか。

同じ悲劇を繰り返さないためにも、周囲の大人が子どもたちを見守ることが大切です。もし近所の子が虐待されていないか心配になったら、どのようなアクションを起こしたらいいのでしょうか。

まずは『189』に電話!いち早く専門機関に介入を求めること

家から親の尋常じゃないくらいの怒鳴り声や子どもの叫び声が聞こえる、子どもの体にアザがあるのを見つけた…そんな“違和感”を覚えたら、まずは然るべき行政機関に報告することが大切です。

身近な方法のひとつが、全国共通の電話番号『189(イチハヤク)』に連絡すること。この番号に電話すると、最寄りの児童相談所につながるようになっています。

こうした連絡をきっかけに、虐待の疑いがある家庭に対して行政の目が向くようになるので、子どもにとっては貴重な命綱になるのです。

通報後は担当機関が48時間以内に子どもの安全確認を行い、そこで虐待ありと判断されれば、行政の介入や一時保護など解決に向けた対応が行われるようになっています。通報は匿名性となっており、通報者の情報が保護者に漏れることは基本的にはありません。

「虐待の事実はなく、単なる自分の勘違いだったらどうしよう…」と通報をためらうケースもあるかもしれませんが、結果的に虐待がなかったとしても、原則として通報者が刑事上・民事上の責任を問われることはないとされています。

それどころか、『児童虐待の防止等に関する法律』では以下のように定められています。

児童虐待を受けたと思われる児童を発見した者は、速やかに、これを市町村、都道府県の設置する福祉事務所若しくは児童相談所又は児童委員を介して市町村、都道府県の設置する福祉事務所若しくは児童相談所に通告しなければならない。

引用:厚生労働省

つまり、虐待が疑われる場合、しかるべき機関に連絡をすることは市民の“義務”なのです。

また、児童相談所は子育てで困っている人や育て方に悩む親に対してサポートをするところでもあります。

通報をしたけれど虐待の事実がなかったとしても、誰からも支援を受けられずに一人で子育てに悩んでいたママへのサポートを児童相談所が行うことで、ママたちが救われたというケースも。

そういった“孤育て”に悩むママたちを救うという意味でも、違和感を覚えたら通報するということは意味のあることなのです。

これって虐待では…?小さな違和感を見逃さないで!

それでも、第三者にとっては通報すべきかどうか判断に迷うこともありますよね。

見極めのポイントとしては子どもの様子が「いつも服や体が汚れている」「態度がおどおどしていて、表情が乏しい」「いつもお腹をすかせた様子である」「年齢にふさわしくない性的な話をする」といった、小さなサインに気を配ること。

また、虐待が行われている家では、子どもの泣き声や悲鳴がもれないようにずっと締め切っていたり、不自然に防音していたりするケースもあります。

ひとつひとつの情報は些細なものかもしれませんが、小さな違和感が積み重なるようなら、なるべく早く専門家につなぐことが大切です。

また、まれに子どもの方から、“味方になってくれるかもしれない”と感じた大人にSOSを発するケースもあります。その際は、専門機関につなぐことを念頭に入れた上で「あなたの力になりたいから、他の人の力も借りたい」という旨を伝えましょう。

決して「虐待のことは秘密にする」と嘘をついてはいけません。信頼できると思っていた大人が嘘をついてしまうと、子どもは再び口をつぐんでしまう可能性があります。

虐待を受けている子にとって、周囲にその事実を話すことは非常に勇気がいること。保護者が虐待の事実を隠そうと巧妙に子どもに口止めしているかもしれませんし、子ども自身が親をかばうために黙っているケースもあります。

勇気をふりしぼって発信された、かすかなSOSを断ち切らないようにすることが大切です。

子どもに対して違和感を覚えても、「通報して大ごとになったらどうしよう」とアクションを起こすことをためらってしまうこともあるかもしれません。しかし、周囲の大人が見過ごしている間に子どもが深刻な虐待を受けていると思うと恐ろしいですよね。

悲しい事件を少しでも減らしていくために、他人事と思わずに、地域の大人たちみんなで子どもを見守っていけるようにしたいですね。

TOP PHOTO/Photographee.eu/shutterstock
参照/ All About「「もしかしてこの子、虐待されてる?」と思ったら
All About「虐待の疑い、初の5万人突破…虐待に気づいたときの対処法と注意点」
SUUMOジャーナル「近所の家から子どもの激しい泣き声が。これって虐待…? 通報していいの?」
厚生労働省「第3章 通告・相談への対応」

ベビーパーク体験2回コース(8,640円)→無料体験できる!「頭のいい子」を育てる方法

ベビーパーク体験2回コース(8,640円)→無料体験できる!「頭のいい子」を育てる方法

mamaPRESS編集部

mamaPRESS編集部

mamaPRESS編集部です!“「ママ」であることをもっと楽しみたい!輝きたい!”そんなママたちのために「ママ」が知りたい情報だけをお届けしています。mamaPRESSを読むことで、心に...

詳しくはこちら
あわせてチェック!

    「ねえこれ知ってる?」
    友だちにも教えてあげよう♪

    近所の子が虐待されているかもしれない…周囲の大人ができることとは?

    この記事が気に入ったら
    いいね!してね

    mamaPRESSの最新情報をお届けします

    関連キーワード
    あなたにオススメ