ユーザー名
  • instagram

話題

2017.01.25

知らなきゃ損!?今年から改正された『育児休業法』のポイント総まとめ

知らなきゃ損!?今年から改正された『育児休業法』のポイント総まとめ

働くママにとっては気になる“育児休業”に関するさまざまな法律である『育児休業法』が改正され、今年の1月1日から施行されていたことを知っていますか?

ママにとって重要な改正点もたくさんあるので、わかりやすくまとめてみました!

パートやアルバイトの人も育休が取りやすくなる!

Young mother with her little daughter sculpt a dough

2017年以前の法律では、パートやアルバイトなどの有期契約労働者と呼ばれる人たちが育休をとるためには、

  1. 雇用期間が1年以上
  2. 子どもが1歳以降も雇用契約継続の見込みがある

※ただし子どもが2歳になるまでに更新されないことが明らかな場合は除く

という条件を満たす必要がありました。
それが今回は、1、雇用期間が1年以上はそのままに、子どもが1歳6ヶ月になるまで継続契約が見込まれる場合は育休を取得できるようになります。

半日単位で『看護休暇』が取れるように!

Boy at the doctor being examined and giving biological samples

『看護休暇』とは、子どもが急な病気や体調不良になった際に休暇を取れる制度のこと。詳しい内容は過去にmamaPRESSでも取り扱っています。

子どもの病気のときにはぜひ活用して!『子の看護休暇』制度をご紹介

この『看護休暇』、現行法では1日単位でしか取得できませんでしたが、今年からは半日単位でも取ることができます。
より手軽に、ちょっと予防接種に…といった使い方ができるので、働くママにとってはうれしいですね♪

『マタハラ』・『パタハラ』防止措置義務の追加!

もともと事業主が、出産・育児休業取得などを理由に、労働者に対して不利益な扱いをすることは禁止されていました。
しかし改正後は、それにプラスして、妊娠・出産・育児休業などを理由に、上司や同僚から嫌がらせを受けるようなこともないよう、企業が雇用管理上必要な措置をとることが義務化されます。 また、この義務は派遣労働者の派遣先にも適用されます。

Twitter上でもいろんな意見が!

もうちょっと早く改正して欲しかった!

半日単位で看護休暇が取得できるのはとても助かりますよね。もっと早く改正してくれれば…という思いに共感するママも多いのでは?

そもそも育休制度を詳しく知らない人も多い!?

育休に関する規定があることを知らないまま働いている人も多いのではないでしょうか。

これがきっかけで就業規則が変更されるという会社も…!

時短勤務制度に助けられているママも多いですよね。就業規則の細かい点までなかなかチェックすることはないですが、この機会に会社の規則を確認してみては?

法改正だけでは不十分!

法改正は大きな一歩ではあるとしても、いまの社会のあり方のままではあまり改善は期待できないのではないかという意見もありますね。

この改正で、少しでも働くママやパパが、育児と仕事の両立がしやすくなるといいですね。

参照/
厚生労働省「育児介護休業法について」
ウーマンエキサイト「育児休業法が『1月1日から改正』って知ってた? 主な改正点4つ」

mamaPRESS編集部

mamaPRESS編集部

mamaPRESS編集部です!“「ママ」であることをもっと楽しみたい!輝きたい!”そんなママたちのために「ママ」が知りたい情報だけをお届けしています。mamaPRESSを読むことで、心に...

詳しくはこちら
あわせてチェック!

    「ねえこれ知ってる?」
    友だちにも教えてあげよう♪

    知らなきゃ損!?今年から改正された『育児休業法』のポイント総まとめ

    この記事が気に入ったら
    いいね!してね

    mamaPRESSの最新情報をお届けします

    関連キーワード