ユーザー名
  • instagram

仕事

2016.02.16

『確定申告』の季節到来!申告が必要なのはどんな人?

『確定申告』の季節到来!申告が必要なのはどんな人?

2016年の確定申告期間は2月16日~3月15日までです。一般的なサラリーマン家庭など給与所得のある場合には、『年末調整』によってすでに清算されていることがほとんどですが、場合によっては申告が必要なこともあります。そこで、ちょっと難しいイメージの確定申告を分かりやすく解説していきたいと思います!

確定申告が必要な人って?

国税庁のHPなどを参照すると、確定申告の必要な人の定義がいろいろと細かく書かれています。おそらくこれを読んでいるママで確定申告が必要なパターンとして一番多いのが、『マイホームの購入』と『医療費の高額支出』があった場合に、還付金が戻ってくるというケース。

他にも特定の寄付を行った場合や、途中退職して年末調整を受けておらず税金を納め過ぎている場合なども、申請によっていくらか手元に戻ってくる場合があります。

一般的なサラリーマン家庭が確定申告をする場合には、この2つの理由が圧倒的に多いと思います。マイホームを購入したときや、出産や入院などで高額な医療費を支払った場合には要確認です。医療費に関しては、通院に必要であったタクシー代やドラッグストアなどで購入した薬なども対象になる場合が多いので、領収書やレシートは念のため1年間保管しておく習慣を付けておくと良いですね。

どうやって申告するの?

申告書類の提出方法は全部で3パターンあります。まずは、所轄の税務署に行って直接手渡しで提出する方法。または、書類を税務署に郵送するパターン。そして、『e-Tax』を使ってネットで申告するパターンです。

『e-Tax』での申告は電子証明書の取得(または確認)とICカードリーダライタの事前準備が必要となります。24時間いつでも可能なので自分の都合に合わせられるのと、還付も他の方法に比べてスピーディーというメリットがあります。

申告を忘れてしまったら?

これまで申告が必要だったのにうっかりしていた! という場合もありますよね。確定申告は、申告をする年分の翌年1月1日から5年分行うことができます。つまり、忘れてしまっていた場合も5年間はさかのぼって申告できるので、遅くなってもきちんと申告するようにしましょう。

申請の期間も割と短いので、うっかりしているとつい忘れてしまいそうになる確定申告。特に住宅ローン関係は戻ってくる金額もかなり大きいので、しっかり申請しておきましょうね。

参照/ 国税庁『確定申告特集』

今なら無料でもらえる!生活クラブのお試しサンプル食品とカタログ見本をプレゼント!

今なら無料でもらえる!
生活クラブのお試しサンプル食品とカタログ見本をプレゼント!

mamaPRESS編集部

mamaPRESS編集部

mamaPRESS編集部です!“「ママ」であることをもっと楽しみたい!輝きたい!”そんなママたちのために「ママ」が知りたい情報だけをお届けしています。mamaPRESSを読むことで、心に...

詳しくはこちら

「ねえこれ知ってる?」
友だちにも教えてあげよう♪

『確定申告』の季節到来!申告が必要なのはどんな人?

この記事が気に入ったら
いいね!してね

mamaPRESSの最新情報をお届けします

関連キーワード
あなたにオススメ