ユーザー名
  • instagram

贈与税ってなに?夫婦間のお金の受け渡しで贈与税がかかるの?

贈与税ってなに?夫婦間のお金の受け渡しで贈与税がかかるの?

家族の間でお金を渡したり、もらったりということは日常的にあります。

夫の給料からその月の生活費として妻に渡したり、支払いのために分けている妻名義の口座に夫の給与振り込み口座から振り込んだり。 受け渡しの金額が大きい場合、夫婦間でのお金の受け渡しでも贈与税がかかる場合があります。 いったいどんな場合なのでしょうか?

通常必要と認められる範囲を超えたお金の受け渡し

生活費、教育費、介護費用など、扶養家族間で必要と認められるお金の受け渡しについては贈与税の対象とはなりません。 ただし目的がそうでも、一括で110万を超える場合は税金の対象となってしまう場合があります。

例えば夫婦で家を買って、ローンは夫の口座から、家の所得権は夫と妻で1/2とした場合、家の金額の半分が夫から妻への贈与と見なされ、贈与税の対象となります。この場合、ローンも1/2づつ、夫と妻両方の名義にすれば贈与税の対象とはなりません。

贈与税の非課税措置を知っておこう

夫婦だから、と油断していると高額の贈与税がかけられる場合があります。

まず、1年間で110万円までのお金の引き渡しは非課税ということを知っておきましょう。 110万円以上になる場合は、贈与税の非課税措置をうまく利用することで税金の負担を免れたり、あっても最小限に抑えることができます。

mamaPRESS編集部

mamaPRESS編集部

mamaPRESS編集部です!“「ママ」であることをもっと楽しみたい!輝きたい!”そんなママたちのために「ママ」が知りたい情報だけをお届けしています。mamaPRESSを読むことで、心に...

詳しくはこちら
あわせてチェック!

    「ねえこれ知ってる?」
    友だちにも教えてあげよう♪

    贈与税ってなに?夫婦間のお金の受け渡しで贈与税がかかるの?

    この記事が気に入ったら
    いいね!してね

    mamaPRESSの最新情報をお届けします

    関連キーワード