ユーザー名
  • instagram

話題

2018.11.13

美容目的の購入阻止に!マツキヨが“ヒルドイド”の類似品『ヒルメナイド油性クリーム』を発売!

美容目的の購入阻止に!マツキヨが“ヒルドイド”の類似品『ヒルメナイド油性クリーム』を発売!

出典:PR TIMES

本来は皮膚の乾燥の治療薬として処方される『ヒルドイド』。ところがここ数年、女性が“美容目的”で使うケースが急増し大きな問題となっていました。そんな中、ドラッグストアの『マツモトキヨシ』がこのたび類似商品を発売! これは大きな反響を呼びそうな予感です。

処方規制が検討されていた『ヒルドイド』

問題となっている『ヒルドイド』は、もともとはアトピー性皮膚炎やしもやけ、打撲によるあざの治療など “医療目的”で処方される薬でした。ママたちの中には子どもの乾燥肌で処方してもらったという経験がある方も多いのでは?

ところがここ最近、雑誌やネットなどで“ヒルドイドが美容に最強”などといった情報が出回るようになり、本来の医療目的ではなく“美容目的”で処方してもらうというケースが急増してしまっていることが調査で明らかに。

確かに、ヒルドイドは血行促進や保湿効果があるため、女性の肌トラブル改善にもいいとされていますが、そもそも美容目的で健康保険を使うのはNGなのです。

この事態を重く見た厚労省は保険適用から外し、処方量を制限するなどの規制を検討していましたが、この薬を必要としているがん患者などからの反対を受けたこともあり一旦は、規制が見送られることになりました。

子どもが処方されたものをママが使うのもNG!規制がかかると困るママたちもたくさん

SNSにはヒルドイド問題に対するさまざまな意見が飛び交っています。

子ども用にと無料で多めに処方してもらったヒルドイドをママが使っているというケース、結構多いですよね。

自分が払う医療費は無料でも、その分はみんなの税金でまかなわれているということを忘れてはいけません。そもそも、処方された本人以外の人が使うこと自体が絶対にあってはならないことなのです。

もちろん、それとは逆にヒルドイドを本当に必要としている子どものママにとって、規制は一大事。

子どもの皮膚疾患に悩むママたちにとって、ヒルドイドが処方されにくくなってしまうことは、とても困った問題なのです。

マツキヨから類似商品『ヒルメナイド油性クリーム』発売!

そんな中、マツキヨが救世主ともいえる商品を発売しました。それがこちら!

ヒルメナイド油性クリーム

出典:PR TIMES

『ヒルメナイド油性クリーム』
50g ¥1,280(税込)

ヒルドイドと同じ成分であるへパリン類似物質を配合。手指の荒れやひじ・膝のガサガサ、やけどあとのしこりなど、いろんな症状に効果を発揮してくれるそう。

さっそく実際に購入した人も、なかなかの好感触。これは期待できそうですね。

これまでは病院で処方してもらった人も、積極的にマツキヨの商品を買う流れができれば事態はかなり改善されそうな気もします。

医療目的の薬を美容目的で使うことはもちろん絶対にダメですが、ヒルドイドの効果がどんなものなのか気になっていたというママもきっと多いのではないでしょうか?

お値段も手ごろで使用感もそっくりなマツキヨの『ヒルメナイド油性クリーム』。一度試してみてはいかがでしょうか。早くも人気で売り切れてしまっている店舗もあるようなので、気になる方はお早めにお近くの店舗のチェックを!

参照/ HUFFPOST「保湿剤「ヒルドイド」、厚労省が帰省見送り 「でも美容目的の使用はNG」」
DIAMONDonline「ヒルドイドの違法な美容目的使用は推計「年間93億」」
PR TIMES「これからの乾燥シーズンに ヘパリン類似物質含有「ヒルメナイド油性クリーム」が新発売」

mamaPRESS編集部

mamaPRESS編集部

mamaPRESS編集部です!“「ママ」であることをもっと楽しみたい!輝きたい!”そんなママたちのために「ママ」が知りたい情報だけをお届けしています。mamaPRESSを読むことで、心に...

詳しくはこちら
あわせてチェック!

    「ねえこれ知ってる?」
    友だちにも教えてあげよう♪

    美容目的の購入阻止に!マツキヨが“ヒルドイド”の類似品『ヒルメナイド油性クリーム』を発売!

    この記事が気に入ったら
    いいね!してね

    mamaPRESSの最新情報をお届けします

    関連キーワード
    あなたにオススメ