ユーザー名
  • instagram

話題

2019.02.27

3月16日についにオープン!『ムーミンバレーパーク』の見どころをチェック!

3月16日についにオープン!『ムーミンバレーパーク』の見どころをチェック!

2019年3月16日(土)、埼玉県宮沢湖畔にムーミンの物語をテーマにした『ムーミンバレーパーク』がいよいよオープンします!

すでに公式サイトでは前売券も販売中。ここではどんなアトラクションや体験が楽しめるのでしょうか? 一足お先に、その見どころをチェックしてみましょう!

『ムーミンバレーパーク』とは?

昔からの根強いファンや、ここ最近の北欧ブームもあって注目度がアップしている『ムーミン』。そのムーミンの世界をテーマパークにしたのが『ムーミンバレーパーク』です。

場所は埼玉県飯能市。北欧のライフスタイルを楽しめるテーマパークとして2018年11月にオープンした『メッツァヴィレッジ』の併設施設として、3月16日(土)にオープン予定になっています。

豊かな自然に囲まれたパーク内には、ムーミン一家が暮らす『ムーミン屋敷』やムーミンの世界を追体験できるさまざまなアトラクション、再現施設があり、ムーミンたちによるキャラクターショーやグリーティングなども楽しめるのだそう。

入園料金は大人1,500円(税込)、子ども(4歳以上小学生以下)1,000円(税込)で、3歳以下は無料。当日券もありますが、事前に予約できて当日は確実に入場できる『前売り券』もあります。

見どころをあれこれチェック!

早速ですが、気になる施設の見どころをご紹介したいと思います。ムーミンファンはもちろん、そうでないという人も思わず「行ってみたい!」ときっと思うはず!

ムーミンのお家に入れる!『ムーミン屋敷』

View this post on Instagram

<ムーミンバレーパークのムーミン屋敷> ムーミンたちの住むムーミン屋敷は、小説、コミックス、絵本などでも内装は描かれていますが、毎回同じというわけではなく、都度表現が変わっています。たとえば、小説ではムーミンパパとムーミンママの部屋は別々ですが、コミックスでは一緒のベッドに寝ていたり。ムーミンバレーパークのムーミン屋敷は、出版物と合わせて、トーベが残した図面や、トーベが仲間たちと手がけ今はフィンランド・タンペレのムーミン美術館にあるジオラマの要素を取り入れながら、また、フィンランドのムーミンキャラクターズ社と綿密な打ち合わせを重ねながら計画が進められており、ムーミン一家やその仲間たちの存在を身近に感じていただけるよう、原作に忠実に再現します。 地下室はたくさんの食糧が保管してある貯蔵庫で、1階はキッチンとダイニング、2階はリビングとムーミンパパ・ムーミンママの部屋、3階はムーミンの部屋とリトルミイの部屋、屋根裏にはムーミンパパが執筆を行ったりする書斎があります。 #moominvalleypark #MVP #myhanno #moomin #finland #nordic #suomi #北欧 #フィンランド #ムーミン #muumitalo #moominhouse #ムーミンハウス #ムーミン屋敷

ムーミンバレーパークさん(@moominvalleypark)がシェアした投稿 –

原作を忠実に再現した、地上3階と屋根裏部屋、地下室からなる『ムーミン屋敷』は絶対にハズせないスポット!

原作者のトーベ・ヤンソンが残した図案やフィンランドのムーミン美術館にあるジオラマの要素などを取り入れながら、ムーミンキャラクターズ社との綿密な打ち合わせを元に造り上げた傑作です! 有料(税込1,000円)でガイドツアーもありますよ。

世界を存分に体感できる!体験型展示施設『コケムス』

View this post on Instagram

<ムーミンバレーパークの展示施設> ムーミンの魅力を語るのに欠かせないのは、作者「トーベ・ヤンソン」についてです。 トーベは、ムーミンの生みの親である以上に、芸術家でもありました。 こちらの展示施設では、仕事に愛に全力をささげながら、生涯ムーミンとつきあってきたトーベの人生とムーミン作品を織り交ぜ、パークに訪れた方ひとりひとりが追体験をしながらムーミンの物語をさらに知って頂けるような施設を計画しています。 施設は地上3階建て。 1Fは、世界最大級の品揃えとなるショップと、ムーミンの物語をテーマとしたメニューをお楽しみいただけるレストランがあります。 2Fは、ムーミンや原作者トーベ・ヤンソンについてのテーマで作品展示や映像上映を多角的・多面的に紹介し、展示を楽しんだ後は海外のムーミングッズも揃うセレクトショップやカフェで余韻に浸ることもできます。また、ムーミン谷の自然やストーリーに基づいたモノづくりやトーベの作品にまつわる創作活動を体験できるようなワークショップルームも併設しています。 3Fは、ムーミンの物語に登場する様々なシーンを巡りながら、物語の魅力をインタラクティブに体感することができるフロアです。 実はこちらの建物には名称がついているのですが、お披露目は少し先となります。お楽しみに! #moominvalleypark #MVP #myhanno #moomin #finland #nordic #suomi #北欧 #フィンランド #ムーミン #exhibition #theater #ToveJansson #トーベヤンソン

ムーミンバレーパークさん(@moominvalleypark)がシェアした投稿 –

『コケムス』はムーミンの世界を体感できる施設。1Fはショップとレストラン、2Fは作品展示や映像上映とセレクトショップ、カフェ、ワークショップなど、そして3Fはムーミンの物語に登場するさまざまなシーンを体感できるフロアになっています。

View this post on Instagram

KOKEMUS / Muumilaakso Kauppa (Moominvalley Shop) ・ 体験型展示施設コケムス内にある「ムーミラークソ カウッパ」(ムーミン谷の売店)は、ムーミンバレーパーク内で一番広く、売り場面積・商品数も世界最大級となるお店。 ・ 店内の中央には、『ムーミン谷の彗星』にも登場するムーミンたちが立ち寄った森の売店をモチーフにした白いお花が散りばめられた大きなシンボルツリーが出現します。 ・ 森のなかを巡るかのように、ワクワクしながらみなさんそれぞれのお気に入りの品物とも出会えるメインショップです。 ・ #ムーミンバレーパーク #ムーミン #muumi #moominvalleypark #MVP #myhanno #moomin #finland #nordic #suomi #北欧 #フィンランド #insaitama #metsa #metsä #kokemus #コケムス #MuumilaaksoKauppa #Kauppa #ムーミン谷の売店

ムーミンバレーパークさん(@moominvalleypark)がシェアした投稿 –

1Fの売店『ムーミラークソ カウッパ』は売り場面積と商品数が世界最大級。お気に入りのグッズやお土産が見つけられそうですね!

View this post on Instagram

KOKEMUS/ムーミン谷のジオラマ ・ 体験型展示施設コケムス内の2階から3階にかけて設置されるムーミン谷のジオラマ。 ・ 高さは約8mで、ここまで大きなムーミン谷のジオラマが再現されるのはなんと世界初。 ・ 時間がくると、映像演出がはじまったり、ムーミン屋敷も回転して中の様子がドールハウスのように見ることができたりと、たくさんの仕掛けが用意されています。 ・ ムーミン谷のジオラマ内に登場予定のキャラクター約40体に加え、トーベも愛した名もなき小さな生きものたちもあちらこちらに登場します! ・ みなさんはいくつの発見ができるでしょうか。 ・ #ムーミンバレーパーク #ムーミン #muumi #moominvalleypark #MVP #myhanno #moomin #finland #nordic #suomi #北欧 #フィンランド #insaitama #metsa #metsä #kokemus #コケムス #ムーミン谷のジオラマ

ムーミンバレーパークさん(@moominvalleypark)がシェアした投稿 –

2Fから3Fにかけて設置されるムーミン谷のジオラマです。高さは驚きの8メートル! ここまで大きなジオラマで再現されるのは世界でも初なんだそう!

View this post on Instagram

KOKEMUS / Muumilaakso Ruokala ( Moominvalley Restaurant ) ・ 体験型展示施設コケムス内にある「ムーミラークソ ルオカラ」(ムーミン谷の食堂)は、ムーミンバレーパークのメインレストラン。 ・ 『楽しいムーミン一家』の挿絵さながらに、ムーミンたちが集合して色とりどりの花火が上がる中、いろんな生き物たちとパーティが行われる空間をイメージしています。 ・ 訪れた方々も、幻想的な夜の森で開かれた楽しいパーティに、ムーミンたちと参加しているようなひとときを過ごしていただけます。 ・ #ムーミンバレーパーク #ムーミン #muumi #moominvalleypark #MVP #myhanno #moomin #finland #nordic #suomi #北欧 #フィンランド #insaitama #metsa #metsä #kokemus #コケムス #MuumilaaksoRuokala #Ruokala #ムーミン谷の食堂

ムーミンバレーパークさん(@moominvalleypark)がシェアした投稿 –

幻想的な雰囲気がムーミンの世界そのもの。『ムーミラークソ ルオカラ(ムーミン谷の食堂)』はムーミンバレーパークのメインレストランです。これは行ってみたい!

子どもが思いっきり遊べる!『おさびし山』

View this post on Instagram

おさびし山 / ヘムレンさんの遊園地 ・ ムーミンバレーパークの「おさびし山」は、冒険と思索の山。 ・ 『ムーミン谷の仲間たち』より“しずかなのが好きなヘムレンさん”のストーリーをモチーフにしたアスレチックが登場します! ・ 「かつて、遊園地で働いていたヘムレンさんが、遊園地が閉園したことをきっかけに自ら遊園地をつくってしまった」というエピソードに出てくるツリーハウスやつり橋、メリーゴーランド遊具などで実際に遊ぶことができます。 ・ お子さんは思い切り身体を動かしたり、大人の方はのんびり森林浴ができたりと、思い思いの時間を過ごしていただける、とてもムーミンバレーパークらしい場所です。 ・ 「きのこの黒板」は、お絵かきができたり、ステージとしても活用できます。豊かな自然の中で、思い切りアートをたのしんでください♪ ・ #ムーミンバレーパーク #ムーミン #muumi #moominvalleypark #MVP #myhanno #moomin #finland #nordic #suomi #北欧 #フィンランド #insaitama #metsa #metsä #おさびし山 #lonelymountain #アスレチック #ツリーハウス #つりばし #きのこ #黒板 #athletics #treehouse #体験型 #体験型アート #こどもとおでかけ #散策 #森林浴

ムーミンバレーパークさん(@moominvalleypark)がシェアした投稿 –

冒険と思索の山『おさびし山』。物語のエピソードに登場するツリーハウスやつり橋、メリーゴーランドなどで実際に遊ぶことができるアスレチックエリアとなっています。自然を満喫しながら思いっきり体を動かして遊べるなんで最高ですね!

飛行おにのジップラインアドベンチャー

View this post on Instagram

おさびし山 / 飛行おにのジップラインアドベンチャー ・ ムーミンバレーパークのおさびし山の頂上からスタートするのが、ジップラインアトラクション「飛行おにのジップラインアドベンチャー」。 ・ 『たのしいムーミン一家』に登場する“飛行おに”という黒ヒョウに乗って空を飛ぶキャラクターさながら、「ルビーの王様」という大きな宝石を求めて冒険に出発しましょう! ・ ジップラインは、森の中に張ったワイヤーを滑車で滑り降り、絶景を楽しめスリルも味わえる、世界的にも人気のあるアクティビティ。 アトラクションではなんと往復約400mの宮沢湖面を滑空します! ・ 森の中、湖の上を風を感じながらスリル満点の空中コースターを楽しんでいただけます。 ・ (※携帯などは湖にボチャンする可能性が十分あり得ますので自己責任でご管理くださいね!荷物をお預けいただけるロッカーは完備しておりますのでご安心ください) ・ #ムーミンバレーパーク #ムーミン #muumi #moominvalleypark #MVP #myhanno #moomin #finland #nordic #suomi #北欧 #フィンランド #insaitama #metsa #metsä #おさびし山 #lonelymountain #ジップライン #ジップラインアドベンチャー #zipline #ziplineadventure #飛行おに #hobgoblin #taikuri #seikkailu #seikkailupuisto #taikurinseikkailupaikka

ムーミンバレーパークさん(@moominvalleypark)がシェアした投稿 –

おさびし山の頂上から森の中に張ったワイヤーを滑り落ちるジップラインアトラクションはスリル満点! 絶景も味わえて一石二鳥!?
※有料(税込1,500円)

海のオーケストラ号

View this post on Instagram

<ムーミンバレーパークの海のオーケストラ号> 「海のオーケストラ号」をつくったのは、ムーミンパパの友人であり、発明家のフレドリクソン。 物語に登場する「海のオーケストラ号」に乗って、若き日のムーミンパパ、スナフキンのお父さんとなるヨクサル、スニフのお父さんとなるロッドユール、フレドリクソンたちと一緒に冒険に出かけます。 パーク内の「海のオーケストラ号」は、「勇気」「挑戦」「友情」「家族の絆」をテーマとした、体感モーフィングシアターの手法をとるアトラクションです。 壁面や床面に加え、造形物も映像を投影し、これまでにないユニークな演出による没入感と臨場感あふれる体験をお楽しみいただけます! #moominvalleypark #MVP #myhanno #moomin #finland #nordic #suomi #北欧 #フィンランド #ムーミン #exhibition #theater #OshunOxtra #merenhuiske #海のオーケストラ号 #Haffsårkester #Fredrikson #フレドリクソン #Rådddjuret #Hosuli #TheMuddler #ロッドユール #Joxaren #Juksu #ヨクサル

ムーミンバレーパークさん(@moominvalleypark)がシェアした投稿 –

物語内に登場する『海のオーケストラ号』に乗り込んで冒険の旅へ出発! 壁面や床面、アトラクション内に設置された造形物などに映像を投影し、物語の世界を再現しています。
※有料(税込1,000円)

どこから行こうか迷ってしまうほど見どころ満載の『ムーミンバレーパーク』。オープンは3月ということもあって、春休みのお出かけにもピッタリですね。

オープンがとっても待ち遠しいですが、公式サイトでは前売り券も発売中! 詳しくはこちらをチェックしてみて下さいね!

TOP PHOTO出典/PR TIMES
参照/ metsa(メッツァ)「【公式】ムーミンバレーパーク ムーミン一家と出会えるテーマパーク」
PR TIMES「埼玉飯能市宮沢湖畔に2019年3月19日(土)オープン「ムーミンバレーパーク」入園料を決定」

ベビーパーク体験2回コース(8,640円)→無料体験できる!「頭のいい子」を育てる方法

ベビーパーク体験2回コース(8,640円)→無料体験できる!「頭のいい子」を育てる方法

mamaPRESS編集部

mamaPRESS編集部

mamaPRESS編集部です!“「ママ」であることをもっと楽しみたい!輝きたい!”そんなママたちのために「ママ」が知りたい情報だけをお届けしています。mamaPRESSを読むことで、心に...

詳しくはこちら
あわせてチェック!

    「ねえこれ知ってる?」
    友だちにも教えてあげよう♪

    3月16日についにオープン!『ムーミンバレーパーク』の見どころをチェック!

    この記事が気に入ったら
    いいね!してね

    mamaPRESSの最新情報をお届けします

    関連キーワード
    あなたにオススメ