ユーザー名
  • instagram

話題

2019.07.15

批判殺到!カネカの『育休明け転勤問題』から企業の転勤制度について考える

批判殺到!カネカの『育休明け転勤問題』から企業の転勤制度について考える

子育て世帯を悩ませる“転勤問題”。最近では制度そのものを見直している企業も増えていますが、そんな中、大手化学メーカーとしても名高いカネカの育休明け即転勤、パタハラ問題が話題になりました。

でも最近は、転勤制度について見直している企業も徐々に増えてきているみたい。改めて企業の転勤問題について考えてみませんか?

夫の育休明け直後に転勤命令!ママのSNSであっという間に拡散

今回の問題のきっかけになったのはあるワーキングマザーの「育休を取得した夫が復帰直後に転勤を命じられ、退職した」という企業の対応を告発するツイート。

ツイートによると、夫が育休から復帰した翌日の4月22日、突然「5月16日付で関西に転勤」との命令が下されます。この方も、もともと夫の会社は転勤が多いと理解していたので転勤自体には不満を感じていなかったそうです。

だた、“第二子が生まれた直後”、“自分も5月に職場復帰が待っている”、“家を購入して引っ越したばかり”などの事情があったため、せめてあと1~2ヶ月ほど時期をずらしてもらうように上司に掛け合ったそうですが却下されてしまいます。

法律の専門家に相談するなどしながら悩んだ末、退職の道を選んだ夫は30日ほど残っていた有給を消化してから退職したいと申し出たところ、それも叶わず退職の日を指定され、有休も4日間しか取得することができなかったのだそう。

ハッシュタグから問題の企業が大手化学メーカーのカネカと判明するや否や、「立派なパタハラ(父親へのハラスメント)だ!」と大炎上したというのが今回の経緯です。

ちなみに、当事者のカネカは弁護士を入れて調査した結果、「会社としての対応に問題はなかった」という見解を示しています。

SNSでは、カネカ側のこの発表に対しても非難する声や、SNSで発信したこのママに対する非難の声など、さまざまな声が上がり、一時、物議を醸す騒ぎとなりました。

子育て中の転勤で起こる問題

ママたちにとって転勤の問題は他人事ではありませんね。子育て世帯が転勤になったとき、具体的にどんな問題が起こるのか考えてみましょう。

まずは、共働き世帯だった場合。夫か妻が転勤することになれば、どちらかが仕事を辞めるかもしくは単身赴任をするかという2パターンになります。退職すれば世帯収入は激減、単身赴任でも家族は離ればなれになってしまいます。

もちろん、育児に関する問題も出てきます。核家族化が進む中、単身赴任になるとワンオペ育児になる家庭も多く、転勤先に一緒についていったとしても、周りに頼れる人や相談相手がいない状況だとどうしても孤独な育児になりがちに…。

だったら断わろう!と思ってもまたもや弊害が。転勤を断れたとしても、その後の昇進に影響が出ることを心配してなかなか実行には移しにくいのが現実のようです。

会社としても、社員の事情をすべて聞き入れることは業務上難しいこともあると思いますが、ママとしては、転勤を命じられる時期やタイミングに不安を感じてしまうのも無理はありません。

厚生労働省も企業に通知!転勤について見直す企業も増えているのが現状

子育て世帯を悩ませている転勤問題ですが、実は厚生労働省は2019年3月に各企業に“転勤に関する雇用管理のヒントと手法”を作成し公表しています。これを受けて、転勤に関する制度を見直している企業も徐々に増えはじめているのが現状です。

例えば、AIG損保は全国転勤を原則禁止に、サントリーでは5~10年先の転勤希望について、上司と部下が毎年話し合う制度が導入されました。また、キリンでは転勤を最大で5年間猶予される仕組みになっています。これまである意味“言いなり”だった風潮が少しずつ変わりつつあるようですね。

転勤の可能性がある会社に勤める家族にとっては、今回の問題は他人事には思えないですよね。

従業員の生活や事情を酌んだ上で、会社にとっても従業員にとっても、双方が納得できるような制度になって欲しいもの。転勤に関して見直す企業が徐々に増えてきているこの流れに乗って、より多くの企業が制度について改めて考えてくれることを願います。

PHOTO/Flotsam/shutterstock
参照/ 日経ビジネス「「育休復帰、即転勤」で炎上、カネカ元社員と妻を直撃」
HUFFSSPOT「「夫が育休明けに転勤命令→退職」告発ツイートでカネカに批判殺到!」
BizSPA!フレッシュ「AIG損保、サントリー…大企業が“転勤の強制”を見直しはじめた理由」
NHKクローズアップ現代「“転勤”が廃止される!?働き方の新潮流」

ベビーパーク体験2回コース(8,640円)→無料体験できる!「頭のいい子」を育てる方法

ベビーパーク体験2回コース(8,640円)→無料体験できる!「頭のいい子」を育てる方法

mamaPRESS編集部

mamaPRESS編集部

mamaPRESS編集部です!“「ママ」であることをもっと楽しみたい!輝きたい!”そんなママたちのために「ママ」が知りたい情報だけをお届けしています。mamaPRESSを読むことで、心に...

詳しくはこちら
あわせてチェック!

    「ねえこれ知ってる?」
    友だちにも教えてあげよう♪

    批判殺到!カネカの『育休明け転勤問題』から企業の転勤制度について考える

    この記事が気に入ったら
    いいね!してね

    mamaPRESSの最新情報をお届けします

    関連キーワード
    あなたにオススメ