ユーザー名
  • instagram

イクメンパパが『パタハラ』に直面!育児のためフレックスタイム勤務にしたらこうなった

イクメンパパが『パタハラ』に直面!育児のためフレックスタイム勤務にしたらこうなった

妊娠中の女性を悩ますハラスメント『マタハラ(マタニティハラスメント)』。その一方で、子育てに参加しようとする男性に対するハラスメント『パタハラ(パタニティハラスメント)』が、最近話題になっています。

パタハラは職場で起きやすい!?

男性の育児参加が増えるとともに、増え始めたのが『パタハラ』。育児に積極的に参加しようとするパパたちへの嫌がらせを意味します。マタハラ同様に、主に職場で起きやすいのが特徴です。

どんなことをされるのがパタハラなの?

女性の社会進出が増えるに伴い、男性の育休取得など、世の中は男性が育児に参加しやすい環境が整いつつあります。一方で、上司や部下との“子育て観の違い”から、それが受け入れられない職場があるのも現実。

例えば

  • 男性社員に対して、子育て支援制度の利用を認めない
  • 子育て中の男性に対し、「育児は女性の仕事」などと平気で言う
  • 育休を取るとキャリアアップできないと言われた
  • 理由なくプロジェクトから外された
  • 仕事が評価されず、給与を減らされた

などの扱いを受けることがあるよう。

中には、こういった体験談も。

体調不良のママに代わり3歳と生後1か月の子どもの育児を引き受けるため時短勤務を申請したパパ。会社は今までどおりのノルマを彼に課したので、当然仕事は時間内に終わらず…。パパは子どもたちの夕飯とお風呂を済ませると、再び仕事に戻り深夜2時頃まで勤務。朝8時に出勤する日々が続いたそうです。ただ、時短勤務中なので残業代が支払われることはありませんでした。

病気の妻のため、仕事も育児もこなそうと、やむを得ず時短勤務を申請したパパ。しかし、働く時間は増えたのに、賃金は同じ。しかも、ママのために家事、育児、すべてを引き受けたパパの体力と気力は限界に…。こんな理不尽な状況、許せませんよね。

育児したい男性の実際の声が反響を呼んでいる

度々ネット上でも議論されることが多いパタハラ。なかでもtwitterに投稿された1人のパパのパタハラ体験が大きな話題になりました。

twitter主の“りょうたっち”さんは3児のパパ社員。「何時に帰って来るか分からないパパの育児は当てにしていない」という共働きの妻からの発言に奮起し、フレックス勤務(労働者が始業時間、終業時間を決める勤務)することを決断しました。

始発電車で会社へ向かい、保育園のお迎えのために16時には会社を出る毎日。念願かなって仕事と育児の両立をしているはずのりょうたっちさんですが、職場のみんなは彼へのフォローの多さに不満を募らせ、やがて彼の知るところとなるのです。

このツイートに対し、“後輩側の気持ちを語る”ツイートと、りょうたっちさんを応援する“イクメンがんばれ!”のツイートが殺到!

りょうたっちさんは奥さんと相談しながら、会社でのパタハラやトラブルを一つずつ冷静に対応しているようです。

パタハラに負けずに家庭も大切にする姿にグッときます。

パパの会社がパタハラ気質だったら

パパが子育てを手伝ってくれるなら、ママは素直に喜びたいもの。ただ、育児がパパの勤務状態に影響を与えているなら、彼がパタハラを受ける可能性は高くなります。

特にパパの会社の上司が

“男が稼いで、女は家庭を守る”
“育児は女性にさせるもの”
“家庭が回らないなら、嫁が会社を辞めればいい”

なんて言うようであれば、要注意!

パパが育児に参加することによって、パタハラを受ける可能性は大です。このような会社のパタハラ気質をすぐに解決するのは難しいかもしれません。

ある調査によると、子どもがいるパパたちのうち約11%が実際にパタハラを経験したことがあるのだそう。パパが子育てを積極的にすることで、会社でパタハラを受けてしまうのはとても悲しいこと。ママと同じように、世のパパたちが“子育ても仕事も当たり前のようにできる”社会になっていくといいですね。

参照/ 日本労働組み合い総連合 パタニティ・ハラスメント(パタハラ)に関する調査
マーミー「パタハラが育児を邪魔する!パタニティハラスメントの実情」

mamaPRESS編集部

mamaPRESS編集部

mamaPRESS編集部です!“「ママ」であることをもっと楽しみたい!輝きたい!”そんなママたちのために「ママ」が知りたい情報だけをお届けしています。mamaPRESSを読むことで、心に...

詳しくはこちら

「ねえこれ知ってる?」
友だちにも教えてあげよう♪

イクメンパパが『パタハラ』に直面!育児のためフレックスタイム勤務にしたらこうなった

この記事が気に入ったら
いいね!してね

mamaPRESSの最新情報をお届けします

関連キーワード
あなたにオススメ