ユーザー名
  • instagram

子ども

2018.06.21

自転車デビューに買うならどれ?年齢別にオススメを紹介♪

自転車デビューに買うならどれ?年齢別にオススメを紹介♪

そろそろ三輪車も卒業かな?と思ったら考えはじめるのが“はじめての自転車”。とはいっても、お店にはいろんな種類の自転車が並んでいるし、いったいどのタイミングでどんな自転車を買い与えるべきか迷ってしまいますよね。

今回は、年齢別『はじめての自転車の選び方』のポイントをご紹介します!

2~4歳は“慣れる練習”から!

2~4歳くらいの小さな子どもにおすすめのが“ペダルがない”タイプの自転車。このタイプの自転車に慣れておくと、実際にペダルのある子ども用の自転車にすぐ乗れるようになるのだとか。

2歳から乗れる『ストライダー』

出典:Amazon

世界中に愛用者の多い、ペダルなし自転車の代名詞的存在です。足を使って進み止まる、体重の重心移動で曲がるなど“本能的な動作でコントロール”することでバランス感覚が養われるそうですよ。

重さも約3kgと軽量なので、ママでも楽々運べます。対象年齢は2~5歳、制限体重は27kgまで。

30分で自転車マスターできる!?『へんしんバイク』

“30分で自転車デビュー”がキャッチフレーズのブレーキ付きタイプ。“へんしんバイク”という名前にもあるように、ペダルなしの『バランスバイク』と、付属のペダルを取り付けた『軽量スポーツバイク』との2パターンに変身できます。

補助輪を付けずに同じ自転車でステップアップできるので、子どもも、より恐怖心なく練習ができそうですね。また、ペダル付きで7.5kgと、普通の自転車に比べて軽いのもポイント。

Amazonや楽天などでの取り扱いはありませんが、取扱店舗は全国900店舗以上。公式サイトからも購入できますよ。対象年齢は3~6歳です。

見た目もかわいく軽い!『ちゃりんこマスター』

出典:Amazon

こちらもブレーキ付きタイプのペダルなし自転車。パッと目を引くカラフルなボディは子どもウケも良さそうですね!

空気入れの必要がないノーパンクタイヤなのでストレスフリー。収納時に便利なスタンドが付属しているのも高ポイントです。対象年齢は2~5歳です。

GRAPHIS BABY

出典:Amazon

大人顔負けのスタイリッシュなデザインがカッコイイ! 選べるカラーはなんと20色! いろんな色の組み合わせがあって、選ぶのもの楽しいですよ。身長90cmから対応、体重制限は23kg以下です。対象年齢は2~5歳までです。

実は筆者の子どもたちも以前『ストライダー』を愛用していたのですが、コツを掴めたおかげか自転車の練習がとてもスムーズに進んであっという間に乗れるようになりましたよ!

ちなみに、ペダルなしタイプの自転車は法律で公道を走ることができないことになっています。使用は公園や私道などに限られるのでご注意を!

4~5歳は“公道を走れるタイプ”を!

もうちょっと大きい4~5歳くらいの子どもには、実際に公道を走れるタイプの自転車を検討しましょう。サイズの選び方は身長など目安にして選びましょう。

  • 14インチ…92~107cm/3~5歳
  • 16インチ…98~119cm/3~6歳
  • 18インチ…103~125cm/4~8歳

実際に子どもが乗ってみたときに、足がきちんと地面に着くか、ブレーキはしっかり握れるかなど確認し、安全に練習できるものを選ぶようにしてくださいね。

自転車選びについてはmamaPRESSの過去記事でも詳しくご紹介しています。参考にしてみてください!
初めての子ども用自転車どう選ぶ?カスタマイズできるキッズ自転車を作りに行ってみた!

4~5歳くらいの子どもに選ぶならこんな自転車がおすすめですよ!

長く使えるデザインが人気のブリヂストン『ハッチ』

出典:Amazon

機能性とデザイン性の両方を兼ね備えたキュートな自転車。キャラクターものとは違い、定番の飽きのこないデザインなので、ロングユースできそうですね。子どもの小さな手でもしっかり握れる“こどもラクラクブレーキ”採用です。

フレンチライクなデザインが人気!a.n.design works 『UP14』

出典:Amazon

3~5歳くらいの子どもが対象年齢。小さな子どもでもまたぎやすいように、フレーム部分が低床仕様になっているのがポイントです。カラーは6色展開。お気に入りのカラーを見つけてみて!

シンプルでカッコいいデザインのRaysus『キッズバイク』

出典:Amazon

男の子が飛びつきそうなこのかっこよさ! 見た目はゴツい感じですが、握りやすいハンドルや疲れにくいサドルなど、子どものことをしっかり考えた優しい造りになっていますよ。やんちゃな男の子にぴったりの1台です。

人と被らないならコレ!arcoba『子ども用自転車 ドット柄』

出典:Amazon

ほかにないデザインを求めるならコレ! 思わず目が釘付けになってしまいそうなポップなドット柄はまさにオンリーワンな1台です。北欧系が好きなママなら一目惚れしてしまいそうな予感大ですね。

軽量アルミフレーム採用による軽さや、強い制動力を持つブレーキなど、機能面も充実しています。

ついついデザインにばかり気を取られがちですが、機能性や安全面もしっかりチェックした上で選びたいのが自転車。それが子ども用ならなおさらのことですよね。

最近はネット通販などでも気軽に購入できますが、実際の使用感を確かめるためにもぜひ購入前にお店で現物をチェックしておくことをおすすめします!

TOP PHOTO/Solpviova Liudmyla/shutterstock
参照/ ブリヂストンサイクル「子供用自転車の選び方」
STRIDER JAPAN「ストライダーについて」
池商「ちゃりんこマスター」

mamaPRESS編集部

mamaPRESS編集部

mamaPRESS編集部です!“「ママ」であることをもっと楽しみたい!輝きたい!”そんなママたちのために「ママ」が知りたい情報だけをお届けしています。mamaPRESSを読むことで、心に...

詳しくはこちら
あわせてチェック!

    「ねえこれ知ってる?」
    友だちにも教えてあげよう♪

    自転車デビューに買うならどれ?年齢別にオススメを紹介♪

    この記事が気に入ったら
    いいね!してね

    mamaPRESSの最新情報をお届けします

    関連キーワード