ユーザー名
  • instagram

ビューティー

2016.05.18

トラブルの報告も!便利で安価な『セルフマツエク』には注意が必要

トラブルの報告も!便利で安価な『セルフマツエク』には注意が必要

いまやあちこちで見かける、まつ毛のエクステ店。マツエクはエステサロンなどで気軽に受けられますが、最近は『セルフマツエク』を教えてくれる店も多くあります。

ただし、セルフマツエクの場合は失敗しても“自己責任”なので要注意。『セルフマツエク』をより安全に楽しむために、必要な注意点をご紹介します。

どうしてこんなに普及?セルフマツエクが出回る背景

まずは最初に、セルフマツエクが市場に出回っている背景からおさらいしましょう。

もともとマツエクは、講習を受けるだけで誰でも施術ができるものでした。しかし、施術による事故や健康被害が相次いだことで、現在は美容師資格の取得者のみができる制度に変わっています。ただし、美容師法が適用されるのは客への施術のみで、マツエクの “やり方を教える”ことに免許は必要ありません。

そこで増えているのが、接着剤のつけ方やピンセットの使い方を安価で指導する『セルフマツエク』方式のお店。失敗しても施術した人の自己責任なので、お店の負担も軽く済みます。つけるコストもかからないうえ、顧客側も自分で安くつけられるとなれば興味がわくもの。お店側にとっても、顧客側にとってもメリットがあるセルフマツエクは、こうして世に広まることになりました。

マツエクのトラブルに、国民生活センターも注意を喚起

マツエクに関するトラブルは過去に多く報告されており、国民生活センターはマツエクが重大事故につながる可能性も示唆しています。国民生活センターによると、刺激の強い接着剤を使うことで、施術後に目が腫れてしまったり、涙が止まらなくなってしまったりといった健康被害が報告されているのだそう。

どんな接着剤であれば安全性が高いのかは、一般人では判断がつきにくい部分。また、技術がなければ接着剤が目に入ったり、ピンセットで目を傷つけるといった、トラブルにも繋がりかねません。

セルフマツエクは、こうしたマツエクそのものの危険性にも留意した上で、行う必要があるのです。

慣れた人でも要注意!美容師さんも慎重になるセルフマツエク

「自分自身も、セルフマツエクはしません」と話してくれたのは、プロの美容師さん。「自分につけるとなると片目をつぶることになり、両目でしっかり確認しながらできる他人の施術とは違うから」というのがその理由です。

プロですらそうなのですから、初心者はもちろん、セルフマツエクに慣れている人も慎重になる必要がありそうです。というのも、セルフマツエクは失敗しても自己責任です。もしセルフマツエクで健康被害があっても、店側は責任を取ってくれないだけでなく、取り締まる法律もないのが現状ということを忘れないでおきましょう。

通販サイトなどでも気軽に購入でき、オシャレに変身できるセルフマツエク。メリットも多いですが、あくまでも自己責任なので、実践する場合には十分注意しましょう。トラブルを未然に防ぎつつ、まつ毛美人を目指しましょう!

参照/国民生活センター「後を絶たない、まつ毛エクステンションの危害(発表情報)」
毎日新聞「まつげエクステ:規制逃れか…セルフ方式出回る 注意を」

mamaPRESS編集部

mamaPRESS編集部

mamaPRESS編集部です!“「ママ」であることをもっと楽しみたい!輝きたい!”そんなママたちのために「ママ」が知りたい情報だけをお届けしています。mamaPRESSを読むことで、心に...

詳しくはこちら
あわせてチェック!

    「ねえこれ知ってる?」
    友だちにも教えてあげよう♪

    トラブルの報告も!便利で安価な『セルフマツエク』には注意が必要

    この記事が気に入ったら
    いいね!してね

    mamaPRESSの最新情報をお届けします