ユーザー名
  • instagram

話題

2016.11.11

ドラマ『砂の塔』が怖すぎる!タワマンに住むママにリアルなママ友事情を聞いてみた

ドラマ『砂の塔』が怖すぎる!タワマンに住むママにリアルなママ友事情を聞いてみた

タワーマンションを舞台にしたサスペンスドラマ『砂の塔〜知りすぎた隣人〜』はもうご覧になりましたか?
菅野美穂さんが4年ぶりにドラマ復帰を果たした主演作というだけでなく、タワマンに住む主婦たちのドロドロとした“ママ友カースト”が怖すぎると話題ですよね。
今回は実際にタワマンに住むママに、“タワマンママのリアル”を直撃してみました…!

ママたちのマウンティングの嵐!ドラマ『砂の塔』がめちゃ怖い

平凡ながらも家族仲よく暮らしてきた主婦、高野亜紀(菅野美穂)が、憧れのタワーマンションに引っ越してきたところから始まるストーリー。
そこには驚くべき“タワマンルール”があり、プライドや虚栄心にまみれたセレブ主婦たちに振り回されつつ、子どもたちが新しい環境で浮いてしまわないために、必死で馴染もうとする亜紀の姿を描いています。

また、タワマン近くで“連続幼児失踪事件”が起こっており、犯人の目的は愚かな母親たちへの断罪…。“母親とは何か”を問いかける本格ヒューマンサスペンスです。

誘拐犯よりもタワマンのママ友づきあいが怖すぎる…!とTwitterで話題に

タワマンママたちの生々しいやりとりも描かれているこのドラマ。“ママ友カースト”が怖いというコメントがたくさん寄せられています。

誘拐犯よりも生々しい“ママ友カースト”に注目が集まっているみたいですね。
「怖いけれどついつい見ちゃう…」という人も多いのでは?

“階数ヒエラルキー”には実際に存在する…!?

タワマン特有の階層による住民のヒエラルキーは、何もドラマだけの話ではないようです。

タワマンの階数が高くなるほど、販売価格も上がっていくことが多く、下層階と上層階の販売価格の差は同じ間取りでも1,000万円を超えることが珍しくないとか。 そのため、タワマンに住む人たちは、“階数ヒエラルキー”を意識してしまうようです。

タワマンのエレベーターは、ドラマと同じく混雑を避けるために階数別になっているケースが多く、1階のエレベーターホールにおいて上層階行きと下層階行きのエレベーターを待つ人との間には微妙な空気が流れているんだとか。

また、エレベーターに乗ってからも、自分が階数のボタンを押したあとに、一緒に乗り込んだ人が自分より上の階のボタンを押すと劣等感を持つ人もいるそうです。

1 2
mamaPRESS編集部

mamaPRESS編集部

mamaPRESS編集部です!“「ママ」であることをもっと楽しみたい!輝きたい!”そんなママたちのために「ママ」が知りたい情報だけをお届けしています。mamaPRESSを読むことで、心に...

詳しくはこちら

「ねえこれ知ってる?」
友だちにも教えてあげよう♪

この記事が気に入ったらいいね!してね

ドラマ『砂の塔』が怖すぎる!タワマンに住むママにリアルなママ友事情を聞いてみた

この記事が気に入ったら
いいね!してね

mamaPRESSの最新情報をお届けします

関連キーワード
あなたにオススメ