ユーザー名
  • instagram

子ども

2015.07.09

のどごしつるつる!「うどん」を使った離乳食

のどごしつるつる!「うどん」を使った離乳食

つるつるのどごしが楽しいうどんは、赤ちゃんが食べやすい離乳食の食材のひとつ。


調理も簡単でどんな食材にも合ううどんはママの調理する手間ひまから見ても、離乳食として優秀ですよね。




乾麺、ゆでうどん、どちらもOK


赤ちゃんにあげるうどんは、茹でうどんでも乾麺でもどちらでもOK!ただ、ゆで麺を使うときは、そのまま使用せずに必ずゆでて再加熱してから使いましょう。


乾麺のうどんを使う場合は、ゆでる前に細かく折ってからゆでるのがポイント。後から切る手間を省くことができますよ。


歯ごたえがしっかりしている乾麺の煮込み時間は、長めにしてやわらかめにゆでましょう。




離乳食初期は、すり鉢で潰してどろどろから


うどんを離乳食初期で使う場合はすり鉢ですり潰し、裏ごしして、どろどろに煮たものを少しずつあげてみましょう。


中期になったらみじん切り、後期では1㎝ぐらいにうどんを切って使用します。味付けは、大人が食べるものよりかなり薄味に仕上げてあげてくださいね。




加える食材や味付けも工夫してみよう


中期では、うどんにほうれん草やにんじん、コーン、カブなどの野菜のみじん切りを入れて煮込むのもオススメです。


後期では、しらすやわかめを入れた煮込みうどん、鶏ひき肉、生しいたけなどを細かくして入れた和風あんかけうどんなども美味しく食べられます。




うどんのいいところは、どんな具材にでも合うところや味付けもたくさん楽しめること。


和風だしで仕上げたり、かきたま風やミルク味、トマト味、コーンポタージュなどで煮込んでみるなど、工夫して変化をつけて、赤ちゃんが色々な味に親しんでいけるといいですね。


あわせてチェック!

    「ねえこれ知ってる?」
    友だちにも教えてあげよう♪

    のどごしつるつる!「うどん」を使った離乳食

    この記事が気に入ったら
    いいね!してね

    mamaPRESSの最新情報をお届けします

    あなたにオススメ