ユーザー名
  • instagram

海外ママ特派員発!楽しい☆カナダ発見記Vol.3

海外ママ特派員発!楽しい☆カナダ発見記Vol.3

カナダ在住ママライターが現地からレポ


 


ベビーカーでスケート?!
オシャレな北米でのびっくり
「アウトドア事情」


 


 


「海外のママライフが知りたい!」というユーザーの声にお応えしてお送りした、〝カナダ・モントリオールのママライフレポ〟。カナダといえばウインタースポーツというわけで、今回はカナダの国技でもあるアイスホッケーとスケートについてお伝えします♪ 日本はもう春めいてますが、北米はまだまだ白銀世界のようです。


 


 


海外ママ特派員発!楽しい☆カナダ発見記Vol.3_1


※カナダ・モントリオール…北米でのフランス文化の中心として、北米のパリとも呼ばれるオシャレな街。カナダではトロントに続く第2の大都市なんです★ 


 


 


現地レポを届けてくれたのは夫の海外赴任に伴い、小学1年生の息子と3歳の娘の家族4人で3ヶ月間、極寒のカナダ・モントリオールで生活することになった「みやこんぶ」さん。もうすぐ帰国という彼女ですが、カナダ生活をさらに満喫しているようです!


 


 海外ママ特派員発!楽しい☆カナダ発見記Vol.3_2


Vol.3 氷点下で楽しむ、
ウインタースポーツ!
(スケート&ホッケー)


 


 


こんにちは!みやこんぶです♪ モントリオールはとにかく寒いです! 12月20日以降から、-10℃以下の日が増えてきて、1~2月には-20℃前後の冷えが続く時や、0℃ぐらいになり暖かくなったと思ったら、翌日は最低気温-30℃という日があったり、温度差も非常にあります!


 


雪が降ることも多く、同じ一日の中でも青空が見えたと思っていたら、あっという間に前が見えないくらい吹雪になるなど、天気によって予定を変えざるを得ないことが多いため、先の予定はあまり立てないというモントリオールのママは多いです。


 


さて、そんな寒いモントリオールですが、もともとアウトドア好きだと言われているカナダだけあって、休日の晴れた日は寒くても、公園や山はウインタースポーツを楽しむ人でいっぱい! スキーやクロスカントリー、スノーシューを履いてのトレッキング、ソリすべり、そして特に目にするのがスケートとアイスホッケーです。


 


海外ママ特派員発!楽しい☆カナダ発見記Vol.3_3


 


モントリオールには1月頃から、あちこちの公園にスケートリンクができて、スケート靴を持っていれば、無料で滑ることができ、アイスホッケー用のリンクでは自主練も行えます。-10℃を下回る日も、ナイターのある場所では、雪の降る夜も子どもから大人まで、みんな楽しそうに滑っていて、スケートのできない私にとっては、うらやましいかぎり。


 


海外ママ特派員発!楽しい☆カナダ発見記Vol.3_4


 


近所の公園ではなんとベビーカーを押しながら、スケートを楽しむお母さんの姿も! ほかにも、3,4歳の小さな子が上手にすべって、ホッケーの練習をお父さんとするなんていう、ホッケー大国のカナダらしい光景も見られて、みんなが冬を楽しんでいる感じで素敵です!


 


海外ママ特派員発!楽しい☆カナダ発見記Vol.3_5


 


週末や平日の夕方からは、市内に何か所もある屋内アリーナも解放されるので、極寒の日でもスケートを楽しめます。そのため、放課後に遊びにくる子ども達やスケートをエクササイズやストレス解消としている大人達で大賑わい♪ 


 


05


 


とにかく、寒い中でも遊んだもん勝ち!のモントリオール。子ども達はカナダ製の-40℃対応のコートやブーツに身を包み、はしゃぎまくっています。ママとパパも着込んで、寒さをエンジョイした者だけが勝ち! こんな逆境の中での楽しみ方、日本でも応用できそうですね!!


 


 


写真・文 みやこんぶ/編集・さくむらえりこ)


 


 


ベビーパーク体験2回コース(8,640円)→無料体験できる!「頭のいい子」を育てる方法

ベビーパーク体験2回コース(8,640円)→無料体験できる!「頭のいい子」を育てる方法

あわせてチェック!

    「ねえこれ知ってる?」
    友だちにも教えてあげよう♪

    海外ママ特派員発!楽しい☆カナダ発見記Vol.3

    この記事が気に入ったら
    いいね!してね

    mamaPRESSの最新情報をお届けします

    関連キーワード
    あなたにオススメ