ユーザー名
  • instagram

子ども

2015.08.21

離乳食の基本☆美味しいおかゆを赤ちゃんに☆

離乳食の基本☆美味しいおかゆを赤ちゃんに☆

赤ちゃんが母乳やミルク以外で、最初に口にするのは「おかゆ」せっかくだから、美味しいおかゆを食べさせてあげたいですね。


色々な作り方や、アレンジなどをご紹介します!




おかゆの基本


日本人の主食であるお米の美味しさを、赤ちゃんにも伝えましょう。


おかゆの柔らかさは、月齢によって「10倍→7倍→5倍→軟飯」と変化します。ただ、ドロドロ食感が苦手な子もいるので、そこは臨機応変に!お米と水の割合さえ覚えておけば、作りやすい分量で作ることができます。


作り方は、鍋でコトコト、炊飯器で炊くなど色々。子育てだけでも大変なので、負担にならない作り方で大丈夫!


離乳食を始めたばかりの頃は、食べる量もほんの少し。まとめて作って冷凍保存が便利!




おかゆのレシピ


お米から作る時と、炊いたご飯から作る時で変わってくるので注意してください!



《作りたい固さ》 《お米:水》 《炊いたご飯:水》
・10倍かゆ    1:10    1:5
・7倍かゆ     1:7     1:3
・5倍かゆ    1:5     1:2
・軟飯      1:1~2   1:0.5~1



最初の頃は、滑らかな状態まですりつぶして食べさせるので、作る前にお米やご飯を潰しておくと楽なのでオススメ!





作り方①鍋でコトコト炊く


時間はかかりますが、出来上がったおかゆの甘味が違います。余裕のあるママにはぜひおすすめしたい作り方です!


1.お米を研いで30分ほど吸水
2.鍋にお米と水を入れ、沸騰するまで強火、沸騰後は弱火にして、蓋をずらし吹きこぼれないように約40分炊く
3.火を止めて蓋をして、約10分蒸らして完成




作り方②炊いたご飯から作る


加熱時間が少なく済むので、手軽に作ることができます。


1.分量のご飯と水を鍋に入れ、よくほぐす
2.沸騰するまで強火、沸騰後は弱火にして蓋をして煮る
3.火を止めて、約10分蒸らして完成



2の加熱時間は、10倍かゆなら約30分、7・5倍かゆは約20分、軟飯なら約10分でOK!




作り方③炊飯器で炊く


炊飯器のおかゆモードでも炊けるけど、量が多い…そんな時は、大人のご飯と一緒に炊いちゃいましょう!専用のグッズもあるけど、実は湯呑みでも大丈夫!


1.容器(湯呑み)にお米と水を入れる
2炊飯器の真ん中に容器を入れ、スイッチオン


たったこれだけ!ご飯とおかゆが同時に出来て時短にもなります!




作り方④電子レンジで作る


電子レンジで簡単におかゆを炊ける、便利なグッズがあります!火加減を見る手間もないし、スイッチを押すだけで手軽にできるので、忙しいママの味方ですね。




おかゆのアレンジ方法


いつものおかゆに、だしや野菜スープを入れるだけでも、赤ちゃんは喜んで食べてくれます。他にも、野菜を潰して混ぜてみたり、魚やお肉を混ぜたり、赤ちゃんが食べられる食材なら何でもOK!


食材の組み合わせで、おじや風、リゾット風、チーズをかけてドリア風、などアイディア次第で、飽きることなく食べられます!
赤ちゃんのお気に入りは何かな?と、色々試してみてくださいね!




最初のうちは、なかなか食べてくれないこともあるでしょう。でも、ママの作り方のせいじゃないんです!まだまだ練習中だから仕方がないこと。


食べた量じゃなく、口を開けてくれたこと、一口でもゴックン出来たことを笑顔で一緒に喜びましょう!




参照/
離乳食を作ろう。
パルシステムの子育て応援

ベビーパーク体験2回コース(8,640円)→無料体験できる!「頭のいい子」を育てる方法

ベビーパーク体験2回コース(8,640円)→無料体験できる!「頭のいい子」を育てる方法

あわせてチェック!

    「ねえこれ知ってる?」
    友だちにも教えてあげよう♪

    離乳食の基本☆美味しいおかゆを赤ちゃんに☆

    この記事が気に入ったら
    いいね!してね

    mamaPRESSの最新情報をお届けします

    あなたにオススメ