ユーザー名
  • instagram

夫婦

2016.10.10

なんだか最近パパがクサイ…! バレずにこっそりできる加齢臭対策とは?

なんだか最近パパがクサイ…! バレずにこっそりできる加齢臭対策とは?

ある日急に気になるパパの臭い。「枕がクサイ」「肌着を洗っても臭いが落ちていない気がする」「これってもしかして加齢臭なのかもしれない…!」そう思っても、傷つけてしまいそうで直接「クサイよ」とは言いにくいですよね。

そんなときには、コッソリと、パパに気づかれないように『加齢臭対策』をしちゃいましょう♪

衣類は“お湯”を使った洗濯で加齢臭対策

お風呂に入ったあともパパの臭いが気になる場合は、加齢臭の元の“皮脂汚れ”が衣類にしみこんでしまっています。これを放置し、どんどん汚れが蓄積されていくと、洗濯をしても臭いが消えなくなってしまうのです。直接肌につく肌着・枕カバー・タオルなどは、その都度洗って汚れをためないようにしましょう。

皮脂汚れは脂です。脂汚れを落とすには、お湯を使うのが良いそう。温度は高いほうがいいのですが、繊維によって温度の指定があるので、しっかりとラベルを見て確認してください。(高級な生地の場合には特に注意して確認してくださいね)

品質表示

左上のマークが温度指定です。指定がない場合は40~50度ほどのお湯を使います。

まずバケツに少量の洗剤と除菌のために漂白剤をいれ、そこに先ほどの温度のお湯をいれます。その洗剤液の中に肌着などの衣類をいれて30分ほど浸け置き。あとは他の洗濯物と一緒に洗濯機でふつうに洗濯をすればOKです。

もし臭いが強かったり汚れがひどく、ほかの衣類への汚れ移りが心配なときは、それだけで洗濯してください。

お酢を入れるだけ! 加齢臭を元から対策

加齢臭の対策には『お酢』がとっても効果的。雑菌の繁殖などで体に臭いの元がはびこると、もともと弱酸性だった体は少しアルカリ性に傾きます。お酢は酸性。お酢のチカラをかりて体を酸性に傾けてあげることで、加齢臭の原因のにおい成分の発生を防いでくれるんです!

また肌が弱酸性に整えられると、雑菌の繁殖を抑制することもできるのです。

ではどうやってお酢を取り入れるのか。その方法はとても簡単で、湯船に大さじ1杯のお酢を入れるだけ。直接そのお湯につかることで、肌を弱酸性にすることができます。パパがお風呂に入る前、こっそり『お酢』をプラスして、加齢臭対策をしちゃいましょう。

実際に我が家でもやってみましたが、お湯に対してごく少量のお酢しか入れないので、お酢の臭いはまったくしませんでしたので安心してください。

オリーブオイルで体の中から対策

これまでは体の外側の対策を紹介してきました。でも加齢臭対策は、体の内側からのケアもとっても大切です。加齢臭の原因となる皮脂の過剰な分泌をおさえたり、脂肪を酸化させないようにする食生活に変えていきましょう。

そこで活躍してくれるのが『オリーブオイル』です。

オリーブオイルには脂肪の酸化を防ぐ『抗酸化ビタミン』や『フィトケミカル』が豊富に含まれています。特に抗酸化ビタミンは“若返りのビタミン”とも呼ばれています。サラダのドレッシングとしてかけたり、オリーブオイルで炒め物をしたり、スプーン1杯を毎朝そのまま飲むという摂取方法もあります。

動物性脂肪の多い食事、例えば豚の角煮・焼肉のカルビ・豚骨ラーメンなどは皮脂を過剰に分泌させてしまうので、加齢臭が気になってきたパパには避けてあげるのがベター。また、トマト・緑茶・大豆・ごまなども加齢臭に効く食材なので、ぜひ試してみてくださいね。

少しの工夫で改善が期待できる加齢臭対策。子どもたちから「パパくさい」なんて悲しいこと言われてしまう前に、試してみてくださいね。

参照/ メンズスキンケア大学「加齢臭の予防・対策」

宮木つぐみ

宮木つぐみ

カフェ店員、美容部員、ブライダル情報誌の制作を経験したのちに、子どもの頃からの夢が諦めきれず仕事を全て辞めて演劇の世界へ。結婚を機に専業主婦になり、現在は2013年生まれの娘のママ。娘が産まれてからニガテだったアウトドアが好きになり真っ白だった肌は健康的に日焼けし始めている。趣味は2匹の愛犬とのお散歩。
詳しくはこちら

「ねえこれ知ってる?」
友だちにも教えてあげよう♪

この記事が気に入ったらいいね!してね

なんだか最近パパがクサイ…! バレずにこっそりできる加齢臭対策とは?

この記事が気に入ったら
いいね!してね

mamaPRESSの最新情報をお届けします

関連キーワード
あわせてチェック!