ユーザー名
  • instagram

ママも心にゆとりを持とう!『家事、育児、仕事』3つとも完璧はやーめた!

ママも心にゆとりを持とう!『家事、育児、仕事』3つとも完璧はやーめた!

働くママのみなさん、毎日お疲れ様です!

朝は時間と戦いながら、家族の朝食を作って、自分と子どもの身支度をして、バタバタと仕事に出て行く。夜は子どもの相手をしながら残った家事をして、みんなが寝静まった頃ようやくベッドへ。…と思ったら赤ちゃんが起きちゃったよー! もうヘトヘト…なんて日々の繰り返しだと思います。

休日もゆっくり体を休めるどころか、3食ご飯の用意し、子どもとパパの世話をして、むしろ平日より忙しいじゃないか!なんて思っているママもいるのでは?

ママであり、であり、仕事も完璧にこなそうとする女性は、きっととてもがんばり屋さんだと思います。でも、自分が体を壊しては元も子もありません。もし、三足のわらじを完璧にこなそうとしているのであれば、ちょっと待って! すべてを完璧にこなそうとするのはやめちゃいましょう

そのマイルール、本当に必要?自分を縛る決まりごとを見直しましょう!

自分の中で、”こうじゃなきゃいけない”というルールを作りすぎていませんか? 家事であれば”洗濯物は朝干さなきゃいけない”とか、育児であれば”レトルト食品に頼っちゃいけない”とか。

1日は24時間しかありません。働くママはただでさえ自分の時間がないのに、ルールに縛られすぎるとイライラするものです。もう一度、自分にとって本当に必要なルールかどうか見直してみるといいと思います。

例えば私の場合、”洗濯物は朝いちで干して、仕事上がりに取り込んだら、パパの帰宅前にはすべて元の位置に戻しておく”というルールを自分に課していました。

でも、帰宅後にしなきゃいけないことって、洗濯物以外にもたくさんありますよね。持ち帰りの仕事をしたり、翌日の準備をしたり、子どもたちのごはんを作って、お風呂にも入れて…。言い出せばきりがないです。

もちろん、その間も子どもたちの相手をしながらで、思うようには進みません。子どもたちを寝かしつけながら、気がつけば自分も寝落ちしてしまい、パパの帰宅の音で起きると、洗濯物どころか、いろいろと散らかったまま…なんてことしょっちゅうありました。

ひどいときには、朝までそのまま。その日履いていく靴下を洗濯物の中から取っているパパの姿を見て、「あぁ…なんかごめん」とブルーな気持ちになることも。

でも、パパの言葉に救われました。「時間ないんだし、あれもこれもできなくても、しょうがないんじゃない? 別に、俺は気にしないよ」と。そのとき気がつきました。あれ? なんかわたし、自分で自分のストレスを増やしてたのでは?と。

子どもがいなかった頃は”当たり前”にできていたことも、子どもができてから同じようにこなそうとすると結構大変なんですよね。”当たり前”にできていたから、「やらなくちゃいけない!」と無意識に自分の中でルール化してしまっていること、たくさんあると思います。

“どうしてもこうじゃないと自分が気が済まない”というルールはいくつかあってもいいと思いますが、自分に負担をかけすぎてストレスの原因になっていそうなルールは、本当に必要かどうか今一度整理して、自分を”楽”にしてあげましょう。

1 2

YUUKI

YUUKI

1988年生まれ、一姫二太郎のママ。大学卒業後、テレビ局勤務を経てフリーランスに。ライターのお仕事のほか、webプラン二ングや商品プロデュースを行っている。 健康オタクでもあり、趣味は料理とストレッチ。人と自然と旅が好き。
詳しくはこちら

「ねえこれ知ってる?」
友だちにも教えてあげよう♪

この記事が気に入ったらいいね!してね

ママも心にゆとりを持とう!『家事、育児、仕事』3つとも完璧はやーめた!

この記事が気に入ったら
いいね!してね

mamaPRESSの最新情報をお届けします

関連キーワード
あわせてチェック!