ユーザー名
  • instagram

子ども

2017.08.09

夏バテなんか怖くない!毎日の食事に取り入れたい、“免疫力UP食材”とは?

夏バテなんか怖くない!毎日の食事に取り入れたい、“免疫力UP食材”とは?

毎日暑い日が続きますね。ついついアイスなど冷たいものを食べておなかを冷やしてしまったり、冷房でだるくなってしまったりしていませんか?

夏は免疫機能が下がりやすい時期。暑さで食欲がなくなりがちではありますが、家族全員が健康で過ごすためにはまずは日々の食事から! 今日からメニューに追加できる、免疫機能の強化におすすめの食材をご紹介します。

夏は免疫力が落ちやすい!その原因とは

夏に免疫力が落ちやすい原因のひとつは、冷房の効いた部屋の室温と、外の気温との差です。部屋と外の気温の差が激しいと体温を調節する自律神経がうまく働かなくなってしまうのです。また、暑くて寝苦しさからくる睡眠不足も、同じく自律神経の乱れを引き起こします。

他にも、暑さで食が細くなると体が必要としている栄養素も足りない状態になり、免疫力低下につながる原因にも。これら夏ならではの原因に対して、予防や対策が不可欠なのですね。

免疫力UPにおすすめの食べ物

病原体から体を守ってくれる免疫力を高めるには、やはりバランスの良い食事が大切。その中でもとくに免疫力アップに効果的といわれている食べ物をご紹介します。

まず、免疫機能のカギとなる腸内環境を整える働きがあるといわれているのが、腸内の善玉菌を増やす発酵食品です。日本では健康食として昔から食べられている納豆や味噌、漬物、その他ヨーグルトなどが発酵食品の代表です。

野菜類では、ビタミンCたっぷりのモロヘイヤ、さまざまなビタミンやカルシウムを多く含む小松菜、食べ物の消化を助ける消化酵素が豊富な大根などが知られています。

果物ならバナナがおすすめ。免疫力を左右する白血球の量を増やし、質を向上させる働きがあります。

なお、免疫力を高めるのに効果的だから、と同じ食べ物ばかりを摂取するのはNG。あくまでも日々の食事の中でバランスよく取り入れることが大事です。

子供たちも食べやすいよう蒸したり和えたりしながら、必要な栄養素を壊さないように食べ方も工夫できるといいですね。

免疫力は夏に培われる!?夏の過ごし方で冬も風邪知らずの体に!

免疫力は夏の間に高まり、秋から冬まで持続するといわれています。そのため、冬に風邪を引きやすくなるかどうかは、実は夏の過ごし方がポイントになるのだそう!

日本の夏の気候のさまざまな条件下では、内臓の働きを調節する“副交感神経系”が優位になります。副交感神経が優位になると、白血球の中の細胞(リンパ球)の働きが活発になり、この細胞によるいわゆる“元気力”が3~6ヶ月も持続するのだとか!

そのため、食事のほかにも充分な睡眠や体を冷やさないように心がけることも必要です。体温が下がると免疫力も下がってしまうので、入浴や軽い運動などで代謝の良い体作りも意識してみましょう。

免疫力を高める食材は、どれも毎日の食事に手軽に取り入れやすいものばかり。

免疫力UPには睡眠や運動など、生活習慣全体での見直しも大切ですが、まずは手軽にはじめられる食事の見直しから、はじめてみてはいかがですか?

PHOTO/solar22/Shutterstock
参考/ 大鵬薬品「免疫力を高めるには!?夏カゼ対策」
Wakunaga「夏バテと免疫力 ~暑い夏こそ免疫力が鍛えられる~」
omron「免疫力を上げる食事とは?」
IN YOU「病気になりにくいカラダを作る!免疫力UPする身近な食べ物11選」

関連コラム

赤ちゃんの『乳児湿疹』、ママの母乳と食生活の関係は?
このお肉はどこからくるの?誰が作ったの?お肉が食卓に届くまでを知ろう
量は?栄養バランスは?子供のためになる食事にするには
美味しく育てて子供も成長!家庭菜園のすすめ

記事提供:ならいごとキッズ マガジン

「ねえこれ知ってる?」
友だちにも教えてあげよう♪

夏バテなんか怖くない!毎日の食事に取り入れたい、“免疫力UP食材”とは?

この記事が気に入ったら
いいね!してね

mamaPRESSの最新情報をお届けします

関連キーワード
あなたにオススメ