ユーザー名
  • instagram

子ども

2017.07.28

子ども1人での外遊びは何歳からOK?注意点をおさえればメリットもたくさん!

子ども1人での外遊びは何歳からOK?注意点をおさえればメリットもたくさん!

子どもがある程度大きくなると悩ましいのが、何歳になったら一人で外出させたり、外で遊ばせたりしていいものかということ。何かあったら心配だという気持ちもあるけれど、心配だからといっていつまでも付き添うことは、お互いに難しいですよね。

今回は、筆者自身の体験や周りのママ友、インターネットで調べたことをふまえ、みんなは何歳から一人で外出するのか、注意点やメリットについても、まとめてみました。

子ども1人で外遊びをさせるのは、小学生以降が多い

子ども1人での外遊び

Photo/Pressmaster/Shutterstock

筆者には2人の男児がいますが、長男は幼稚園年長の後半から、マンションの敷地内で複数の友達と遊ぶようになりました。

筆者が付き添わないで外で遊ばせるのは、敷地内に限定。小学校1年生になってから近所の公園まで範囲を広げましたが、行き帰りは付き添うようにしていました。

小学校2年生以降は近所に限定はしていましたが、行き帰りの付き添いもなく、1人で外出するように。

次男は年長の初めから付き添いなしで外遊びをしていますが、兄と一緒に敷地内だけ、とルールを決めています。周りのママ友もだいたい同じ。

中には年少の頃から親の付き添いなしで遊んでいる子どももいますが、小学生の兄弟と一緒に敷地内で遊んでいます。

インターネットで調べてみると、小学校へ入学してから1人で外遊びさせる家庭が多いようです。ただ、どこへ行ってもOKではなく、筆者と同じように近所や友達の家など場所を限定しています。

子どもを1人で外遊びさせることは、アメリカでは犯罪に!?

以前にアメリカのフロリダ州で、7歳の息子を近所の公園に1人で行かせた母親が逮捕されました。男児は携帯電話を持っていて、母親と会話した直後だったのだとか。また、サウスカロライナ州でも9歳の娘を1人で公園で遊ばせたとして逮捕されています。

この2つの事件では、育児放棄の疑いが母親に向けられたわけですが、育児団体などからは、現代社会では、子どもの行動に対し過度な制限が課されていると批判の声も上がっていたそうです。

都会や田舎など地域によっては、雰囲気や治安などもさまざま。子どもの積極性など性格も異なります。そのため、何歳から子ども1人で外遊びがOKだと一律にいうのは難しいもの。これを総合的に考えたうえで、最終的には親の判断となりそうです。

ちゃんとルールをきめよう!1人で外遊びさせるときの注意点

子ども1人での外遊び

Photo/HBRH/Shutterstock

物騒な事件が起こる中、たとえ近所だからといっても、まだまだ小さな子ども1人での外出には心配がつきもの。リスクを減らすために、子ども1人で外遊びをさせるときに注意しておきたいことがあります。

  • 単独では行かせず、必ず友達と一緒に
  • 誰と遊ぶのかを把握しておく
  • 連絡が取れるようにキッズ携帯、位置を確認できるようGPS機能付きの端末を持たせる
  • 帰ってこないときなどに、すぐに親が見に行ける距離に限定
  • 防犯ブザーを持たせる

筆者の場合は、必ず友達と遊びに行かせるようにしています。近所の友達ではないときは、待ち合わせ場所まで一緒に行ったり、送り迎えをしたりすることも。

まだ携帯は持たせていませんが、誰と遊ぶのかをきちんと聞いておくようにしています。何かあったときに、その中に連絡先の知っているママがいれば連絡を取ることができるからです。

1 2
Kayoko*

Kayoko*

二児のママ。 大学では心理学を専攻。 卒業後はメーカーに勤務し、営業・商品企画を経験。結婚後は自宅にて小論文添削。現在はWEBライターとして活動中。 仕事・育児・趣味のディ...

詳しくはこちら
あわせてチェック!

    「ねえこれ知ってる?」
    友だちにも教えてあげよう♪

    子ども1人での外遊びは何歳からOK?注意点をおさえればメリットもたくさん!

    この記事が気に入ったら
    いいね!してね

    mamaPRESSの最新情報をお届けします

    関連キーワード
    あなたにオススメ