ユーザー名
  • instagram

子ども

2019.06.22

宇宙をイメージした空間で思いっきり遊べる♪キッズテーマパーク『PuChu! (プチュウ) 』が楽しい!

宇宙をイメージした空間で思いっきり遊べる♪キッズテーマパーク『PuChu! (プチュウ) 』が楽しい!

2019年5月1日、横浜に新しいキッズ向け屋内テーマパークがOPEN! その名も『PuChu!』。今までにない“宇宙が体験できるテーマパーク”として早速話題になっています。どんなテーマパークなのか、詳しく見てみましょう。

新しい時代を生きていく子どもたちへ!『PuChu!』とは?

この投稿をInstagramで見る

. はじめまして!ピッチュだよ⭐️ 今日から、新しい時代に突入だね🎉 ワクワクとドキドキでいっぱいだ💖 . そして今日💡 令和元年 5月1日(水)、新時代の子どもたちへ向けた屋内キッズテーマパーク「PuChu!(プチュウ)」が、グランドオープン🚀✨ . ピッチュが住んでる「PuChu!」はね、たくさんの星がきらめく宇宙空間のキッズテーマパークなんだ🌟「7つの星」と「5つのゾーン」の「計12個のプレイエリア」があるんだよ💫 . ここはね、ピッチュもよく遊んでいる「RAINBOW COSMOS(レインボーコスモス)」🌈 可愛い惑星柄のボールプールや、プロジェクションマッピングがキレイなすべり台、UFOのふわふわドームでジャンプ‼️ . みんなと、おもいっきり遊びたいな💕 「PuChu!」でまってるね⭐️ . #puchukids #PuChu #プチュウ #kidspark #キッズパーク #子供の遊び場 #アソビル #ASOBUILD #横浜 #yokohama #令和 #令和元年 #令和初日 #令和ベイビー

PuChu! 横浜・屋内キッズテーマパークさん(@puchukids)がシェアした投稿 –

PuChu!は、元俳優でアートディレクターとしても活躍する小橋賢児氏含め、世界的にも活躍するクリエイターやアーティストたちがプロデュースする“宇宙”をテーマに作られたキッズ向けのテーマパーク。「夢中になれる遊びの中にこそ、豊かな学びがあふれている」がコンセプトにつくられています。

イメージキャラクターの『ピッチュ』は、世界が注目するグラフィックアーティストのVERDY氏がデザイン。“PuChu!”という名前には、子どもたちがひとりひとり持つ小さな(プチ)宇宙(ウチュウ)をさらに花開かせていけるように…という願いが込められているのだそう。

一流のクリエイターやデザイナーが手掛た空間は、夢中になって遊ぶうちに自然と“感性”“センス”“知性”が学べるよう設計・デザインされています。

プレイエリアは、テーマの異なる7つの星と5つのゾーンの計12個で構成されていて、今までにない、子どもの好奇心を刺激してくれそうな空間に、子どもだけでなく大人も夢中になれそうですね!

全力で遊べる!大人も子どもも楽しめる要素がいっぱいの美しい空間

テーマの異なるプレイエリアでは、どのようなことが楽しめるのでしょうか? 『PuChu!』のスターのうち、一部をご紹介しましょう。

音楽に合わせて飛び跳ねてノリノリ♪『DANCE STAR(ダンススター)』

PuChu!に来たら最初に出会う星が『DANCE STAR(ダンススター)』。音と連動したキッズ用DJターンテーブルや、音のなるトランポリンで跳んだり踊ったり自由に楽しめます。

30分に一度テーマソングが流れ、踊るスタッフに合わせて子ども達も踊りだす、楽しいパーティタイムが!

たくさんのハートにかこまれてほっこり♪『HEART STAR(ハートスター)』

『HEART STAR(ハートスター)』には、手触りや形に思いきりこだわって造られたハートのボールプールが! 思わず触りたくなるプリっとしたボールがなんとも魅力的。

シーソーはお友達と協力して漕ぐと、真ん中のハートのオブジェの色が変化します。ゆらゆら揺れるハートのブランコも思わずギュッと抱きつきたくなる可愛さです。

デジタルキャンバスで想像力も無限大!『ART STAR(アートスター)』

子どもたちのアートセンスを磨いてくれる『ART STAR(アートスター)』は、2つの壁で構成されています。壁一面のキャンバスは、デジタルの映像と子どもたちの触った跡がミックスされて新しいアートが生まれます。表現力がどんどん磨かれそう!

壁のもう一面には、床だけでなく壁まで使って遊べるプラレールが! 線路がどこまでも繋がり、それが“線画アート”へと繋がります。乗り物好きの男の子には、たまらないエリアですね♪

叩いたり触ったり!音を楽しめる『MUSIC STAR(ミュージックスター)』

触るところによって音が違う不思議な楽器“LED音符”や、たくさんの吊るされたパイプたち。お家でやると叱られてしまう“叩く”を思う存分楽しめるのが『MUSIC STAR(ミュージックスター)』です。

叩いたり、パイプの口に向かって思いっきり叫んだり! ストレス発散しながら、自分だけの音を作り出す楽しさを学べます。

この他にも、クッションがたくさんあってくつろげる『MAMA TERRACE(ママテラス)』や、滑り台やふわふわドームのある『RAINBOW COSMOS(レインボーコスモス)』、赤ちゃんが楽しめるベイビーパークなどなど盛りだくさん♪

見た目がかわいいだけでなく、子どもたちが無心で楽しめる魅力満載のスポットになっています。授乳室なども完備されているので、赤ちゃん連れのママも安心して利用できますよ。

雨が続いたり、暑さが厳しかったりする時期は、室内で遊べる場所が嬉しいですよね。

『Puchu!』は、土日祝日はWEB予約のみで90分パス(子ども2,700円)のみの販売に。平日はフリーパスも売られていますがWEB予約が優先で、空き枠がある場合のみ現地で当日券が購入できます。確実に入場したい場合は、WEB予約をしておくと安心ですよ。ぜひ行ってみてくださいね♪

Puchu!(プチュウ)
住所:〒220-0011 神奈川県横浜市西区高島2-14-9 アソビル 4F
営業時間:10:00~19:30(18:00受付終了)
対象年齢 :0歳~12歳(推奨年齢0~8歳)
公式サイトはこちら

PHOTO/PR TIMES
参照/ PuChu!公式サイト

ベビーパーク体験2回コース(8,640円)→無料体験できる!「頭のいい子」を育てる方法

ベビーパーク体験2回コース(8,640円)→無料体験できる!「頭のいい子」を育てる方法

mamaPRESS編集部

mamaPRESS編集部

mamaPRESS編集部です!“「ママ」であることをもっと楽しみたい!輝きたい!”そんなママたちのために「ママ」が知りたい情報だけをお届けしています。mamaPRESSを読むことで、心に...

詳しくはこちら
あわせてチェック!

    「ねえこれ知ってる?」
    友だちにも教えてあげよう♪

    宇宙をイメージした空間で思いっきり遊べる♪キッズテーマパーク『PuChu! (プチュウ) 』が楽しい!

    この記事が気に入ったら
    いいね!してね

    mamaPRESSの最新情報をお届けします

    関連キーワード
    あなたにオススメ