ユーザー名
  • instagram

これから住むべき穴場スポットはココ!『本当に住みやすい街大賞2019』TOP5の街とは?

これから住むべき穴場スポットはココ!『本当に住みやすい街大賞2019』TOP5の街とは?

これから引っ越しやマイホームを検討している家庭は要必見! 国内最大手の住宅ローン専門金融機関ARUHI(アルヒ)が『本当に住みやすい街大賞2019』を発表しました。ベスト5に入った街には、誰もが納得のあの街や穴場的なこんな街がランクイン!

毎日の生活をより楽しく快適に過ごすためには、“住みやすい街”で暮らすことも重要なポイント。これを見ればいい穴場スポットが見つかるかもしれません。早速見ていきましょう!

『本当に住みやすい街大賞2019』とは

『本当に住みやすい街大賞2019』は、住宅ローン専門金融機関のアルヒが1都3県(東京都、神奈川県、千葉県、埼玉県)の住宅ローン融資実行件数を基に選定したもの。

住環境・交通利便・教育環境・コストパフォーマンス・発展性の5つにおいて、以下のような基準を設定し決定しています。

  • 住環境…インフラ整備や衣食環境など、“住むことの快適さ”に影響を及ぼす周囲の状況の良さを総合的に審査
  • 交通利便…通勤での都心主要駅へのアクセス面や交通機関の利用面における快適さなどを審査
  • 教育環境…教育制度の充実度や、学校・家庭・地域の連携などで子どもたちが安全・安心に暮らしていける環境が構築されているか
  • コストパフォーマンス…住まい環境の充実度に対する家賃相場・分譲価格相場・物価の相場などから審査
  • 発展性…将来的に街としての価値の向上が見込めるかどうかを、インフラ整備や交通面などから総合的に判断

選定にあたっては、住宅や不動産の専門家が参画する選定委員会で公平な審査を経て決定されます。

『本当に住みやすい街大賞2019』TOP5入りの街とは?

本当に住みやすい街大賞2019

PHOTO/Alexey Fedorenko/shutterstock

それでは実際に気になる『本当に住みやすい街大賞2019』TOP5入りの街をチェックしていきましょう!

5位 柏の葉キャンパス

千葉県柏市の柏の葉キャンパスが第5位にランクイン。評価のポイントは、駅周辺に環境共生・健康長寿・新産業創造の実現を目指した、官民一体の他にはない街づくりが進んでいること!

駅前には大型商業施設『ららぽーと柏の葉』があるため買い物にも困らず、駅周辺部のバリアフリー化や医療機関の充実など街で健康をサポートしている点も高く評価されています。

商業施設や医療機関だけでなく、科学警察研究所や税関研修所といった街の多様性と先進性も注目されており、東大や千葉大のキャンパスがある街として教育熱心な家庭が集まっていることも、教育環境において高評価となりました。

4位 川口

第4位は埼玉県内でもとても人気のエリアの川口がランクイン!

かつては工場用地だった街が再開発でマンションの建ち並ぶ居住エリアとして発展し、平成30年4月には中核市へと移行するなど、発展性の高い街として注目されています。

人気上昇の理由は交通アクセスの利便性で、東京駅までJR京浜東北線で23分と都心へのアクセスが良く、商業施設も複数あることから川口駅の利用客は埼玉3位!

ママにはうれしい “中学生までの医療費免除”など、行政サービスの質も高く評価され、川口駅西口側に約3万㎡の公園があるなど自然も豊かなことから、子どもが過ごしやすい街としてファミリー層に人気です。

3位 日暮里

東京の北東部に位置する日暮里は古くから繊維街として栄えていた街で、問屋や昔ながらの飲食店、谷中銀座商店街といった昔ながらのエリアと、駅前再開発による近代的な商業エリアが折り混ざっているのが特徴。

日暮里はなんといっても交通の利便性が魅力的! 山手線、京浜東北線、常磐線の3線が利用でき、常磐線では品川や新橋、東京といった都心に乗り換えなしで行くことが可能! 成田空港へは36分のアクセスなので、出張が多いビジネスマンにもありがたい街です。

山手線沿線の中では、比較的価格がリーズナブルなことも住みやすい高評価のポイント。また、荒川区が教育に力を入れていることから、私立幼稚園の補助金制度など手厚い育児支援を受けることも見逃せません。

これからも街の変化が期待でき、谷中銀座が近くにあり買い物も便利という点も評価されています。

2位 南阿佐ヶ谷

サブカルチャーの街として、阿佐ヶ谷・南阿佐ヶ谷エリアには今も多くの文化人が住んでいるといわれており、都会ながら落ち着いた雰囲気の街です。

評価のポイントは、自然の豊かさと都会の便利さを合わせ持つ、家族暮らしに最適な街ということ。杉並区は幼稚園や保育園が充実して待機児童数が少ないのもポイントで、働くママにとっても住みやすい街といえます。

杉並区役所などの公共施設や商業施設のそろう阿佐ヶ谷エリアが近い利便性も高評価のポイント! 交通アクセスもよく、新宿まで11分、大手町まで32分なのも評価されています。

1位 赤羽

堂々の第1位は赤羽です!

“赤提灯の飲屋街”というイメージのあった赤羽は、現在「子育てするなら北区が一番」を掲げる北区にある街に変化。子育て支援の取り組みが充実していて、図書館や子どもを遊ばせることができる大型公園も豊富にあるので、今やファミリー世代向けの街なのです!

駅周辺には歴史のある公立小・中学校もあり、近年の再開発によって小中学校の教育レベルも上昇しているのだとか。

湘南新宿ライン・京浜東北線・宇都宮線・赤羽線・埼京線・高崎線の6路線が利用できる交通利便性は抜群なうえ、赤羽には大型スーパーと、赤羽一番街商店街・赤羽スズラン通り商店街の2つの商店街があり、お買い物にも困りません。

赤羽台団地の再生事業なども進んでおり、駅周辺の再開発計画により、さらに活気がある街になることが期待できる発展性も高評価です。

あなたの気になる街はランクインしていましたか? 5位以下にランクインした街も、マイホームを検討している人にとって参考になる街ばかりです。気になる方は、ぜひこちらをチェックしてみてくださいね♪

TOP PHOTO/rawmn/Shutterstock
参照/ ARUHI「本当に住みやすい街大賞2019」

ベビーパーク体験2回コース(8,640円)→無料体験できる!「頭のいい子」を育てる方法

ベビーパーク体験2回コース(8,640円)→無料体験できる!「頭のいい子」を育てる方法

mamaPRESS編集部

mamaPRESS編集部

mamaPRESS編集部です!“「ママ」であることをもっと楽しみたい!輝きたい!”そんなママたちのために「ママ」が知りたい情報だけをお届けしています。mamaPRESSを読むことで、心に...

詳しくはこちら
あわせてチェック!

    「ねえこれ知ってる?」
    友だちにも教えてあげよう♪

    これから住むべき穴場スポットはココ!『本当に住みやすい街大賞2019』TOP5の街とは?

    この記事が気に入ったら
    いいね!してね

    mamaPRESSの最新情報をお届けします

    関連キーワード
    あなたにオススメ