ユーザー名
  • instagram

ママ友

2017.06.03

PTAは今日も荒れてます…!?世にも恐ろしいママ友トラブルエピソード

PTAは今日も荒れてます…!?世にも恐ろしいママ友トラブルエピソード

引き受けくれただけでも充分にありがたいPTA役員。「みんなでフォローし合ってやっていこう!」と前向きなママがほとんどのはずなのに、やっぱり起こってしまうママ友同士のトラブル…。

10年以上にわたってPTA活動をしてきた高校生の母である筆者が、実際に体験したり、身近に聞いた“世にも恐ろしいPTA役員トラブル”をご紹介します。

まずはPTAの体制についておさらい

エピソードの前に、まずはPTAの組織を簡単にご説明しましょう。PTAの組織体制はだいたいこのような役割があります。

  • 本部(会長、副会長、会計、書記)
  • 監査委員
  • 会員委員会:PTA祭(バザー)
  • ふれあい委員会:資源回収
  • まなび委員会:社会見学、趣味講座、古切手・エーススタンプなどの収集
  • 広報委員会:広報紙発行(年5回予定)
  • 学年委員会:マナーアップ運動、学年行事協力
  • 指名委員会:次年度本部役員の指名

こちらは神奈川県の中学校の組織体制ですが、小学校のPTAもほぼ同じ形で運営されています。

それではさっそく、実際に私が見聞きしたり、ママ友に聞いたりしたPTA役員のトラブル事例を紹介したいと思います。

「私はあなたの部下ではない!」バリキャリママA子さん編

PTA役員トラブル

Photo/GaudiLab/Shutterstock

女性管理職も珍しくなくなった今日では、管理職でありながら、PTAを引き受けてくれるママもいます。誰もが知る大企業で管理職を務めるバリキャリママA子さんもその一人。

仕事の空いた日にPTA活動をするとのことで、活動のスケジュールはほぼA子さんに合わせなければなりませんが、積極的に活動してくださるということで、委員長を務めていただくことになりました。

ミスを指摘されて大激怒…!

忙しい中にも関わらず、委員長を引き受けてくれたA子さんに感謝し、最大限の協力をしていこうと思っていた委員会のママたち。しかし、その思いはあっけなく裏切られることになりました。

ある日、A子さんのミスにより、委員会活動が滞ったことがありました。そのときに同じ委員会のママが、委員会活動をスムーズに進めるために、バリキャリママのミスを穏やかに指摘。

…すると、A子さんは「あなたは頭の中を整理したらどうなの…!!」と大激怒。

いやいや…ミスをしたのはA子さんだし、誰もそれを責めていないし、他のママさんたちは唖然。それ以降は、委員会の会議でA子さんが周囲に意見を募っても、誰も意見を言わず、バリキャリママが出した意見に“いいね”するだけになりましたとさ。

PTAは会社ですか?他のママを部下扱い

さらにA子さんは「会社のような指揮・命令系統を整備したい!」と意気込み、A子さんが全体の指揮を執り、他のママたちはA子さんに命令された仕事を粛々とこなす…という構図ができあがりました。

命令の仕方も、「これやって」「~は○○してね」という上から目線の言い方で、他のママたちも「私はあなたの部下ではない!」と不満をつのらせていました。…とはいえ、機嫌を損ねるとやっかいなA子さんと言い合いにならないよう、我慢我慢の1年になったそうです。

1 2
ベビーパーク体験2回コース(8,640円)→無料体験できる!「頭のいい子」を育てる方法

ベビーパーク体験2回コース(8,640円)→無料体験できる!「頭のいい子」を育てる方法

三田綾子

三田綾子

一男一女の母。子供は高校生と大学生です。10年以上に渡り、PTA役員を初めとした子ども達が健やかに育つことをサポートする活動をしてきました。その間に知り合ったママたちは100...

詳しくはこちら
あわせてチェック!

    「ねえこれ知ってる?」
    友だちにも教えてあげよう♪

    PTAは今日も荒れてます…!?世にも恐ろしいママ友トラブルエピソード

    この記事が気に入ったら
    いいね!してね

    mamaPRESSの最新情報をお届けします

    関連キーワード
    あなたにオススメ