ユーザー名
  • instagram

ファッション

2016.02.09

2月9日は『服の日』!洋服の正しいケア方法って知ってる?

2月9日は『服の日』!洋服の正しいケア方法って知ってる?

買ってきたばかりの洋服はシワひとつなく、ラインもキレイで見ているだけでも気持ちがいいですよね。そんな洋服をいつまでもキープできる、正しい洗濯方法やケア方法を知っていますか?

2月9日は語呂合わせから『服の日』となっています。そこであらためて、この時期にぴったりな冬服の正しいケア方法をご紹介! ケアの仕方しだいでは、プチプラブランドの洋服だって長くキレイなまま着られるんですよ!

ニットの毛玉対策には『ブラッシング』が効果的

冬のマストアイテム、ニット。しかし洗濯していくうちに毛玉ができてしまうことって多いですよね。そもそもの毛玉の原因は繊維の摩擦です。特に柔らかな素材のものは毛玉ができやすいよう。その繊維の絡みをとるため効果的なのが、着用後のブラッシングです。

編地の網目に沿って優しくブラッシングするのが正しい方法。そうすると毛並みがそろい、見えないほこりなども一緒に取ることができます。さらに洗濯機を使用する場合には、摩擦を極力減らすために洗濯ネットを使用してください。また、一度着用したら数日休ませるのも毛玉対策には効果的です。

デニムは必ず『裏返し』にしてから洗濯を!

洋服 手入れ

デニムを洗っていいかを迷う方も多いようですが、汗や汚れがついてしまったデニムは洗っても問題はありません。洗濯方法で一番大事なのはデニムを『裏返し』にすること! そうすることで余分な摩擦や色落ちを防ぐことができます。

そしてデニムであっても洗濯ネットに入れましょう。ここ最近販売されている洗濯機の洗浄能力はとても高いので、ネットに入れていても汚れは落ちます。その際はきちんとたたんでネットに入れましょう。デニムを干すときには裏返したまま、足の方を上にして干します。直射日光は色あせの原因となってしまうので、風通しの良い日陰で干しましょう。

フェイクファーは優しくふんわり『二度洗い』

ダウンのフード周りなどについているフェイクファーはとても温かいですが、汚れがつきやすいのが悩み。でも実は、家にあるもので簡単に洗うことができます。

  1. まずは洗面器などにシャンプーをティースプーン一杯前後入れ、35度のぬるま湯を500ccほど入れる。
  2. 決してゴシゴシせず、柔らかく手洗いし水で洗い流す。
  3. リンスをティースプーン1/3ほど入れ、同じくぬるま湯で優しく洗い水で洗い流す。
  4. しっかりとタオルドライをしたのち、ドライヤーで乾かして終わり。

シャンプーやリンスはほんの少量で大丈夫です。入れすぎは素材を傷めてしまうので、気をつけましょう。

ムートンブーツの汚れの落とし方

かわいくて暖かいムートンブーツも冬のママの必須アイテム。こちらも一冬はいていたらなかなか汚れが目立ってきますよね。

まず靴専用のブラシをかけます。次にブラシだけで落ちなかった場所へ新品の消しゴムをあててみましょう。使用済みの消しゴムは逆に汚れをつけてしまう恐れがあるので、間違っても使用しないでくださいね。それでも落ちない場合は、ウール用洗剤をよく泡立てて汚れに優しくあててみます。

洗い落としの際は、泡を完全に落とし、靴の内側に新聞紙やキッチンペーパーなどを詰めて、風通しの良い日陰で乾かします。ムートンブーツの乾燥にドライヤーは厳禁! あくまでも自然乾燥させましょうね。

どの方法も難しいことはなく、ほんのひと手間程度です。ファストファッションが流行り、リーズナブルに衣類を購入できる今こそ、洋服のお手入れ方法を見直してみませんか?

参照/ いちみのまとめも『ムートンブーツの洗い方と乾かし方、手入れの簡単な方法』

ベビーパーク体験2回コース(8,640円)→無料体験できる!「頭のいい子」を育てる方法

ベビーパーク体験2回コース(8,640円)→無料体験できる!「頭のいい子」を育てる方法

mamaPRESS編集部

mamaPRESS編集部

mamaPRESS編集部です!“「ママ」であることをもっと楽しみたい!輝きたい!”そんなママたちのために「ママ」が知りたい情報だけをお届けしています。mamaPRESSを読むことで、心に...

詳しくはこちら
あわせてチェック!

    「ねえこれ知ってる?」
    友だちにも教えてあげよう♪

    2月9日は『服の日』!洋服の正しいケア方法って知ってる?

    この記事が気に入ったら
    いいね!してね

    mamaPRESSの最新情報をお届けします

    あなたにオススメ