ユーザー名
  • instagram

子ども

2014.02.07

オリンピック開幕!我が子を選手にするのにかかる金額

オリンピック開幕!我が子を選手にするのにかかる金額

かわいい我が子を
世界に羽ばたかせたい!
どうすればいいの?


いよいよ始まる『ソチオリンピック』。日本代表のみなさんには頑張ってほしいですね!

オリンピックの中継を見ていると、「うちの子にも秘めた才能があって、世界で活躍出来るのでは?」と妄想しちゃったりしませんか?

そこで、我が子を『オリンピック選手』にするためにはどうしたらよいのか調べてみました。



オリンピック開幕!我が子を選手にするのにかかる金額_1

お稽古を始めよう!
才能が開花したら
強化選手になれるかも

とにかく遠征費用がかかる!
海外の大会にも出場する
ようになれば、さらに出費!

一番必要なのは家族の
サポート。子ども中心の
生活を覚悟しないと!


オリンピック開幕!我が子を選手にするのにかかる金額_2


“フィギュアスケート”だと

毎月10万円かかる!?

女の子が憧れる冬のスポーツと言ったら「フィギュアスケート」ですよね。「浅田真央ちゃんみたいになって欲しい!」と願うママも多いのでは?

ところで、フィギュアスケートでオリンピック選手になるにはいくらかなるのでしょうか?

レッスン代:5万円
スケートリンク貸切代:4万円
衣装・スケート靴・雑費:1万円

ざっと、見積もって毎月10万円はかかります!


もし、お子さんに才能があって強化選手に選ばれたら、さらにスケートリンクを長時間貸し切ったり、振り付け師にもお金を払わなくてはいけません。

この振り付け師に払う金額がまたすごい…!
浅田真央さんのタラソワコーチ、安藤美姫さんのモロゾフコーチなど、超一流どころには、最低でも年間1,000万円以上が必要になるんだとか!


普通のサラリーマンにはなかなか厳しい金額ですね…。



『オリンピック選手』になるなら
海外遠征は避けて通れない!


子どもが頑張って練習し、その実力と努力が認められたら、今度は強化選手に選ばれます。

そうすると、今度は世界が舞台になります。
海外の大会に出場すると、飛行機代や宿泊費で1回100万円はかかるそうです。同行者が増えれば増えるほどお金はかかります。

荒川静香さんがインタビューで「スケートを始めてオリンピックで金メダルを獲るまでに2億円かかった」と答えていたそうです。

フィギュアスケートに限らず、『オリンピック選手』になるには多額の費用が必要になるんですね!



でも、一番必要なのは
家族の献身的なサポート


オリンピックが終わると頃になると、注目された選手の家族秘話が紹介されますよね。そこで、過去のエピソードをちょっとご紹介!


【上村愛子選手/モーグル】
生まれたとき、心臓病を患っていたという上村選手。お母さんは、体が弱い上村選手を支えるために
「少しでも空気のよいところで暮らしたい!」と思い兵庫から長野へ移住を決意したそうです。移住後はペンションを経営しながら、女手ひとつで上村選手の活動を支えてきました。まさに二人三脚ですね!


【高橋大輔選手/
 フィギュアスケート】
有名な選手になるには多額のお金が必要になると言われている”フィギュアスケート”。しかし、高橋選手の実家は決して裕福な家庭ではなかったそうです。レッスン代や衣装代は高額でしたが、
お母さんが昼間は理容室、夜はお弁当屋さんで仕事をして、それらの費用を捻出していたそうです。


【高梨沙羅選手/
 スキージャンプ】
元々バレエを習っていた高梨選手。しかし、お兄ちゃんがやっていたジャンプに興味を持つようになり、小学校2年生の頃から特訓が始まったそうです。しかも、お父さんも有名な選手だったので英才教育は徹底的だったそうです。
自宅にもジャンプ台を作ってフォームを体に叩き込むなどかなりスパルタ!普通の家庭ではなかなかできませんね…。


【平野歩夢選手/スノーボード】
スノーボードの金メダル候補として注目されている平野選手。お父さんは地元でスケートボード場を経営しています。冬になると、平野選手を良いゲレンデで練習させるために、
毎日片道1時間ほどかかる隣の県のスキー場へ送迎し続けたそうです。冬はスキー場でそれ以外の季節はスケートボード場で、練習しまくったそうですよ!



このように、一流の選手になるにはとてつもない家族のサポートが不可欠です。

また、
一流選手の両親に共通しているのが “片方の親が熱心で、片方の親は控えめ” ということです。両親共に熱心になってしまうと、子どもはプレッシャーに押しつぶされてしまうのかもしれませんね。


オリンピック開幕!我が子を選手にするのにかかる金額_3


もし、自分の子どもに類まれないる才能があったら周りは放っておきません!その時は、パパ&ママが率先して子どもをサポートしてあげましょう。

もしかしたら未来の金メダリストになれるかもしれませんよ♪




文/小野喜子(mamaPRESS編集部)




【この記事を読んだママに人気】
東京オリンピック効果で世帯収入UP→セレブ生活?
『子どもの習い事』どのくらいお金がかかるの? 

【話題になっている注目記事】
懐かしい!あのクレパスが香り付き消しゴムで発売!
ノンシリコンで健やかな髪!『ラ ブルーボトル』をレポ



ベビーパーク体験2回コース(8,640円)→無料体験できる!「頭のいい子」を育てる方法

ベビーパーク体験2回コース(8,640円)→無料体験できる!「頭のいい子」を育てる方法

あわせてチェック!

    「ねえこれ知ってる?」
    友だちにも教えてあげよう♪

    オリンピック開幕!我が子を選手にするのにかかる金額

    この記事が気に入ったら
    いいね!してね

    mamaPRESSの最新情報をお届けします

    関連キーワード
    あなたにオススメ