ユーザー名
  • instagram

フード

2016.12.24

アンチエイジング作用は赤ワイン以上!?『本わさび』の意外なパワー!

アンチエイジング作用は赤ワイン以上!?『本わさび』の意外なパワー!

『本わさび』といえば、お刺身やお寿司の薬味をイメージされる方が多いのではないでしょうか? それ以外では、普段出番が少ない本わさびですが、実は赤ワイン以上にアンチエイジング効果が期待できる野菜なのだとか。

そこで今回は、本わさびの美容・健康効果について調べてみました!

わさびに含まれる『スルフィニル』。抗酸化作用はポリフェノール以上!?

アンチエイジングといえば、抗酸化作用の高い『ポリフェノール』が有名ですよね。赤ワインや赤色・紫色の野菜に含まれているとして、近年注目されており、積極的に摂取している方も多いのでは。

しかし、ポリフェノールよりも高い抗酸化作用を期待できる成分が、本わさびには含まれているんです! それは『スルフィニル』という成分で、体の細胞に備わっている抗酸化物質を活性化させる働きがあるそうです。

ポリフェノールとの違いは、ポリフェノールは体内に発生した活性酸素を除去する“消化型”なのに対し、スルフィニルは、活性酸素が発生することを抑制する“抑制型”なんだそう。このスルフィニルの働きによって、体や肌の老化を防いでくれるので、アンチエイジングに期待ができるというわけです。

7月6日に放送されたNHKの『あさイチ』では、わさびのパワーが紹介され、大反響を呼びました。

血液サラサラ、美肌にもなれる!?

スルフィニルには血液をサラサラにする効果もあるといわれています。血液がサラサラだと、肌に必要な栄養素を送ることができるので、美肌になれるそうです。また、スルフィニルの抗酸化作用は、肌のシワやシミなどを改善する効果が期待できるそうですよ。

血流が良くなれば、冷え性の改善にもつながります。体がポカポカ暖まれば、免疫力も上がるので、体の中で良いスパイラルができますね。

スルフィニルを含むのは、本わさびだけ

健康だけでなく、美容にも効果が期待できるスルフィニルですが、効率よく摂取できるのは、本わさびの根茎をすりおろしたときだそうです。残念ながら、チューブ入りわさびには、品種の違う西洋わさびや添加物などが含まれており、スルフィニルはほとんど摂れないんだそう。

本わさびは通年出荷されていますが、特に12月は出荷量が増え根の辛味も強くなるんだとか。ぜひ、この時期ならではの本わさびのツンとした辛味をお楽しみください♪ なお、産地は静岡県が約95%を占めています。

毎日ティースプーン1杯の摂取でOK!

紹介した効果を得るには、本わさびの根茎をすりおろして、毎日ティースプーン1杯分程度(約3g)食べる程度でいいそうです。まとめてすりおろし、ラップで小分けして冷凍保存しておくと便利ですね。

1 2

しみず

しみず

都内の大学を卒業後、青果物業界・金融業界勤務を経て、2010年に男の子を出産しました。現在は、子育ての経験を活かしながらライターをしています。健康オタクで、衣食住はできるだけ自然なものを選んでいます。 得意ジャンル:健康・美容・出産・育児・鉄道・金融・野菜や果物。
詳しくはこちら

「ねえこれ知ってる?」
友だちにも教えてあげよう♪

この記事が気に入ったらいいね!してね

アンチエイジング作用は赤ワイン以上!?『本わさび』の意外なパワー!

この記事が気に入ったら
いいね!してね

mamaPRESSの最新情報をお届けします

関連キーワード
あわせてチェック!