ユーザー名
  • instagram

子ども

2019.09.21

【離乳食中期】『パン』はいつからOK?選び方とおすすめ3選

スーパーで買える!おすすめ食パン3選

ここからは、スーパーでも入手可能な、離乳食におすすめの食パンを3つご紹介します!

パスコ『超熟 国産小麦』

“余計なものは入れない”でおなじみのパスコの『超塾』シリーズ。中でもこの『超塾 国産小麦』は、イーストフード・乳化剤不使用なだけでなく、“バター入りマーガリン”ではなく“バター”のみを使用しているのが特徴。

国産小麦100%で作られ素材本来の味を楽しむことができることからも、品切れが続いているところも多い人気商品。そのままでもトーストしてもおいしい食パンです。

原材料:小麦粉、砂糖、バター、パン酵母、米粉、発酵種、食塩、醸造酢(一部に小麦、乳製品を含む)
参考価格:\297(税込)

セブンプレミアム 『セブンブレッド』

焙煎した小麦ふすまが使用されているため、香ばしい風味を楽しむことができる食パンです。バターのほか、なたねとオリーブの植物油が使用され、もっちりとした食感が特徴。

耳だけ食べてもおいしいと評判なので、離乳食で切り落とした耳は、カリっとトーストしてママのおやつに食べても◎

原材料:小麦粉、砂糖、食用調合油(なたね油、オリーブ油)、食塩、パン酵母、発酵種、バター、小麦ふすま(一部に小麦、乳製品を含む)
参考価格:\149(税込)

トップバリュ『パン・ド・ミ』

イオンのトップバリュブランドの中で、添加物や原材料、成分の使用に配慮した『グリーンアイフリーフロム』 という商品シリーズがあるのをご存知ですか?

『パン・ド・ミ』はそんなフリーフロム食品のひとつで、イーストフード・乳化剤は使わず、マーガリンの代わりにオリーブオイルが使われているのが特徴。素材はとてもシンプルですが、ふんわりとした食感で、うまみはしっかり楽しむことができると評判です。

原材料:小麦粉、砂糖、発酵風味料(小麦、乳成分を含む)、オリーブ油、食塩、パン酵母
参考価格:\159円(税込)

離乳食は食の楽しみを知っていく大切な時期です。おいしいだけでなく、添加物などに気を付けて安心な食材を選んでいきたいですね。

卵、乳製品、小麦にアレルギーがなければ、初期にはパンがゆ、中期にはヨーグルトを塗って食べたり、フレンチトーストにしたりとさまざまな食べ方を楽しめる食材。バリエーションに悩みがちな離乳食の強い味方になってくれますよ!

今回紹介したパンの選び方やおすすめ食パンなども参考にしつつ、上手に離乳食に取り入れてみてくださいね!

PHOTO/komokvm/Shutterstock
参照/ 笑顔の暮らしをあたりまえに CaSyジャーナル「赤ちゃんはパンをいつから食べられる?離乳食の最適な食べさせ方とは」
和光堂「わこちゃんカフェ・離乳食の進め方」
Woman excite「体にいいパンの選び方。子どもと安心して食べるために原材料をチェック」
Pasco「超熟のこと」
TOPVALU「トップバリュ グリーンアイフロム」

1 2
あわせてチェック!

    「ねえこれ知ってる?」
    友だちにも教えてあげよう♪

    【離乳食中期】『パン』はいつからOK?選び方とおすすめ3選

    この記事が気に入ったら
    いいね!してね

    mamaPRESSの最新情報をお届けします

    関連キーワード