ユーザー名
  • instagram

子ども

2016.11.26

秋の夜長に親子で楽しめる!コミュニケーション力を育むボードゲーム3選(2~3歳向け)

秋の夜長に親子で楽しめる!コミュニケーション力を育むボードゲーム3選(2~3歳向け)

子どものゲームといえば、何を思い浮かべるでしょうか?

トランプやカルタ、最近ではアプリで簡単に子ども向けのゲームが手に入りますね。

でも、トランプやカルタをするには、ある程度の成長が必要ですし、カードを扱うこと自体なかなか難しいですよね。また、パソコンやモバイルでできる子ども向けのゲームは、ママが忙しいときの子守がわりには使えますが、一人で長時間コンピューターの画面を見せることは、小さい子にはあまり勧めたくないものです。

そこで、今回は、大人も子どもも一緒に楽しく遊べ、2~3歳からできるボードゲームについてご紹介します。

コミュニケーションが身につく!ボードゲームの魅力って?

ボードゲームの魅力は、なんといってもさまざまな年齢、人数で、一緒に楽しめることだと思います。推奨年齢さえクリアしていれば、それより上の兄弟やパパ、ママ、おじいちゃんおばあちゃんでも、手加減などせずに、同じレベルで一緒に楽しむことができます。

そして、パソコンゲームと違い、必ずその場に相手がいるため、ことばやコミュニケーション力、社会性など、子どもの成長に大切な力が自然と身についていくことでしょう。

「うちの子にはまだゲームは早いんじゃない?」と思うママもいるかもしれません。

もちろん子どもの関心や成長の様子により、初めから楽しむことは難しいかもしれません。そういうときは、大人が楽しそうにやっている姿を見せてみましょう。自然とルールがわかり、一緒にやってみたい気持ちがわいてくるかもしれませんよ。

2~3歳からできる!おすすめのボードゲーム3選

それでは、2~3歳の小さい子どもでも一緒に楽しむことができるボードゲームをご紹介します。

カラスから果物を守れ!『はじめてのゲーム 果樹園』HABA(2歳から)

このゲームは“人間”対“カラス”という構図で、カラスより早く、サイコロでいろいろな色の目を出して、すべての果樹を摘み取ったら参加者全員が勝ちというルールです。

誰が勝ったかでもめることなく、家族で団結して果樹園を荒らしに来るカラスに立ち向かえます。

2~3歳児にもわかりやすく、ゲーム時間も10分足らずと、小さい子どもが集中できるよう時間に配慮してあるので、ボードゲームの入門版として最適です。ゲームで使うフルーツやカラスも、コロッとしていています。小さいな子どもでもつかみやすい形状です。

このゲームでは、“順番”やサイコロの色とフルーツの色の“マッチング”、サイコロでカラスが出たら“カラスが一マスずつ進む”といった数の概念の基礎などが学べ、すごろく遊びの土台が育ちます。

1 2

あおみ

あおみ

まさかの高齢出産にて自分が母となり、現在5歳の女の子を子育て中です。 これまで、乳幼児健診や療育施設、病院等で、ことばとコミュニケーション、発達について、様々な心配を抱えるママや子どもたちと出会い、お話をしてきました。が、実際の子育ては、全く教科書通りとはいかず、周りの方からのアドバイスやお手伝いをいただき、何とか毎日を送ってきたところです。そんな仕事や実際の生活の中から、少しでも日々の子育てに役に立つような情報を皆さんに伝えられたらと思っています。
詳しくはこちら

「ねえこれ知ってる?」
友だちにも教えてあげよう♪

この記事が気に入ったらいいね!してね

秋の夜長に親子で楽しめる!コミュニケーション力を育むボードゲーム3選(2~3歳向け)

この記事が気に入ったら
いいね!してね

mamaPRESSの最新情報をお届けします

関連キーワード
あわせてチェック!