ユーザー名
  • instagram

いつまでに飲めば良い?『モーニングアフターピル』の使い方と体験談

いつまでに飲めば良い?『モーニングアフターピル』の使い方と体験談

コンドームが途中で破れてしまったなど、“望まない妊娠”の可能性があるときに緊急手段として使われる『モーニングアフターピル』。万が一の事態に備えて、その使用法と効果を知っておきませんか?

72時間以内に服用することで妊娠リスクを下げるモーニングアフターピル

モーニングアフターピルとは、妊娠の可能性のあるSEXから“72時間以内に服用”することによって、妊娠リスクを下げるという避妊法です。“排卵・受精卵の着床を防ぐ”ものなので、すでに妊娠してしまっている場合は意味がありません。

また、その成功率はLNG法(1回服用)で95%、ヤッペ法(2回服用)で85%とされており、確実というわけではありません。あくまで緊急用として認識しておく必要がありますね。

気になる副作用ですが、LNG法はほぼなし、ヤッペ法は半数の人に一時的な吐き気や腹痛、めまいや頭痛などが起きるようです。LNG法は成功率も高く副作用のリスクも低いですが、ヤッペ法に比べると費用も高めです。

参考価格
LNG法…10,000~15,000円
ヤッペ法…3,000~10,000円
※病院によって費用はかわります。

一般のドラッグストアでは売られていないもので、産婦人科や婦人科などで処方してもらえますが、基本的には自費扱いとなります。

実際に使用した人の声

モーニングアフターピルを実際に服用したことのある人の声を紹介しましょう。

・私は吐き気がありましたが、2~3時間でおさまりました。妊娠もしませんでしたし、次の生理もきました。その後結婚して無事に子どもも出産しました。

・(服用した)次の日、起きた瞬間から本当に気持ち悪かったです。くらくらするしとにかく吐き気がする。休みの日で良かったです。

出典:口コミ広場

人によってはかなり強い副作用を感じる場合もあるようですね。ただ、望まない妊娠の末の中絶などの悲しい結末を避けるためにはやむを得ない場合もあります。

mamaPRESSでも過去にアフターピルの処方・服用について書いていますのでこちらをご覧ください。

妊娠を望んでいないときは、後悔しないようにコンドームなどできちんと避妊をしておくことがとても大切です。ただ、もしものときにはモーニングアフターピルに頼るという方法も知っておくべきなのかもしれませんね。

モーニングアフターピルは72時間以内に服用することが大事ですが、1分1秒でも早く服用することをおすすめします。

また、普段から『低用量ピル』を服用しておくと妊娠の可能性を抑えることが可能です。妊娠を望んでいないタイミングではこれをきっかけに服用を考えてみてはいかがですか?

参照/ ともこレディースクリニック「緊急避妊アフターピル」
ケイ・レディースクリニック「モーニングアフターピル」
AllAbout健康・医療「緊急避妊薬(モーニングアフターピル)の基礎知識」
AllAbout健康・医療「避妊に失敗した場合の緊急避妊法」

ベビーパーク体験2回コース(8,640円)→無料体験できる!「頭のいい子」を育てる方法

ベビーパーク体験2回コース(8,640円)→無料体験できる!「頭のいい子」を育てる方法

mamaPRESS編集部

mamaPRESS編集部

mamaPRESS編集部です!“「ママ」であることをもっと楽しみたい!輝きたい!”そんなママたちのために「ママ」が知りたい情報だけをお届けしています。mamaPRESSを読むことで、心に...

詳しくはこちら
あわせてチェック!

    「ねえこれ知ってる?」
    友だちにも教えてあげよう♪

    いつまでに飲めば良い?『モーニングアフターピル』の使い方と体験談

    この記事が気に入ったら
    いいね!してね

    mamaPRESSの最新情報をお届けします

    関連キーワード
    あなたにオススメ