ユーザー名
  • instagram

間違うと細菌が大繁殖!シャンプーやハンドソープの正しい詰め替え方とは?

間違うと細菌が大繁殖!シャンプーやハンドソープの正しい詰め替え方とは?

中身がなくなったら詰め替えて使うのが主流のシャンプーやハンドソープ。実際にどうやって詰め替えてる?と聞くと、おそらく多くの人が「お風呂に入ったついでに詰め替えている」、「中身が減ってきたなと思ったら使い切らないうちにそのまま追加している」と答えるのではないでしょうか。

でも待って! 実はそのやり方、間違っているんです! この方法だと細菌が大繁殖して衛生的に良くないとされているんです。
そこで今回は、シャンプーやハンドソープの正しい詰め替え方法をご紹介します。

まずはボトルをしっかり洗って乾燥させる

中身を最後まで使ったら、まずはボトルの中身をキレイに洗って天日干し。しっかり乾燥させて水分を飛ばしてしまうのが鉄則です。
この作業を怠ってしまうと、容器の中に残っていた水分やシャンプーの中のアミノ酸などが栄養となって、細菌が爆発的に増えてしまう危険性があります。

お風呂に入っている最中に詰め替えするのはNG!

また、お風呂に入っている最中に中身を詰め替える、という方いませんか? 実はこれも危険行為。入浴中の浴室は温度と湿度が高くなっているので、細菌が繁殖しやすい環境になっています。

そこでボトルのふたを開けて詰め替え作業をすると、容器の中に菌が入り込んでしまう原因になってしまうのです。詰め替え作業を行うのは風通しの良い場所や、お風呂場ならお湯や水が張っていない状態の時にしましょう。

どんな菌が繁殖するの?

では一体どんな菌が繁殖するの?と思った方も多いですよね。それはズバリ『緑膿菌(りょくのうきん)』と『黄色ブドウ球菌』です。実はこれらの細菌はどこにでもいるいわゆる『常在菌』で健康な人が被害を受けることはまずないと考えて良い細菌です。

ただし、相手が病気などで抵抗力の弱った人やお年寄りだと注意が必要。感染してしまう事によって、角膜炎や外耳炎、肺炎などを発症してしまう恐れがあるのです。さらに重症化すると敗血症や菌血症などの危険性も。これはちょっと怖いですよね。

また、ハンドソープには殺菌作用があるものが多く、生き残った細菌が『薬剤耐性菌』へと進化してしまうという恐ろしい事態になってしまうことも十分に考えられるのです。

普段何気なくやっていた詰め替え。正しい方法で行わないと思いがけない被害を及ぼすことも。万が一の事態を防ぐためにも、詰め替えは正しい方法を徹底したいものですね。

参照/ライブドアニュース『シャンプーの詰め替え『細菌の宝庫』になりかねない危険性』

ベビーパーク体験2回コース(8,640円)→無料体験できる!「頭のいい子」を育てる方法

ベビーパーク体験2回コース(8,640円)→無料体験できる!「頭のいい子」を育てる方法

mamaPRESS編集部

mamaPRESS編集部

mamaPRESS編集部です!“「ママ」であることをもっと楽しみたい!輝きたい!”そんなママたちのために「ママ」が知りたい情報だけをお届けしています。mamaPRESSを読むことで、心に...

詳しくはこちら
あわせてチェック!

    「ねえこれ知ってる?」
    友だちにも教えてあげよう♪

    間違うと細菌が大繁殖!シャンプーやハンドソープの正しい詰め替え方とは?

    この記事が気に入ったら
    いいね!してね

    mamaPRESSの最新情報をお届けします

    関連キーワード
    あなたにオススメ