ユーザー名
  • instagram

子ども

2018.06.10

泣けると話題に!毎日仕事に家事に忙しいママと子どもに読んでほしい『たからもののあなた』

泣けると話題に!毎日仕事に家事に忙しいママと子どもに読んでほしい『たからもののあなた』

今ワーキングママたちの間で1冊の絵本が“泣ける”と注目を集めています。タイトルは『たからもののあなた』。作者のまつおかりこさんが自らの実体験をもとに描く“働くママ幼稚園に通う子ども”の日常とは?

発売後1週間で重版決定!『たからもののあなた』とはどんな絵本?

『たからもののあなた』の主人公であるうさぎの『フウ』は、お母さんのことが大好きな女の子です。フウのお母さんはお仕事や家事に毎日大忙し。そう、今の日本社会における多くのお母さんと子どもたちの姿に重なりますね。

たからもののあなた

出典:絵本ナビ

そんなある日、フウは幼稚園で大好きなお母さんの絵を描いて帰ってきますが、その晩お母さんが仕事から帰ってきたのは夜遅く、フウが寝てしまったあとでした。

翌朝、お母さんのために朝ご飯を準備しようとするフウですが、大失敗。ついに今まで我慢していた気持ちが爆発します。

「どうしておかあさんはフウといっしょにいてくれないの? フウのことがすきじゃないの? フウはおかあさんとずっといっしょにいたいのに!」

胸がギュッと締めつけられるようなフウの言葉に、切なくなってしまいますね。

お母さんはフウを抱きしめながらこう言います。

「いっしょにいないときもわすれないで。フウはおかあさんのだいじなたからもの。だいすきでだいすきでだいすきよ…」

共働き家庭が珍しくない中、この絵本を読んだ多くのママたちから共感や反響の声が寄せられています。作者のまつおかりこさんも、フウと同じように共働き家庭で育った経験から、この物語が生まれたそうですよ。

ママの涙腺崩壊必至…!SNSでも反響大

実際にこの絵本を読んだママたちからは「泣いた」「人にも薦めたい」と大きな反響があるようです。

“おかあさん”の立場になって読むと、まさに涙腺崩壊です…。

お話ももちろん素敵なのですが、優しいタッチの絵も気持ちをなごませてくれるようで、なんだかホッとしますよね。働くママとその子どもにそっと寄り添ってくれているようです。

子どもに読み聞かせている途中で号泣してしまった、というママも。そんなママを見て、娘さんがママの頭をなでてくれたようです。絵本によって、親子の絆まで深まりそうですね。

大人になって自分が社会に出て、または親になってみて改めて感じる“母親の偉大さ”。筆者も共働き家庭で育ったので、フウの寂しさも手に取るようにわかるし、また働くママたちの大変さも十分理解できます。

“一緒にいられる時間は少ないかもしれないけれど、あなたを大好きっていう気持ちは変わらないよ”というママの想いを伝えてくれる『たからもののあなた』。これからも、働くママたちに多くの共感を得る絵本であり続けるでしょう。

TOP PHOTO/Anna Om/shutterstock
参照/ NIKKEI STYLE「「鍵っ子」の原体験 社会に出て思い知った母の愛」

ベビーパーク体験2回コース(8,640円)→無料体験できる!「頭のいい子」を育てる方法

ベビーパーク体験2回コース(8,640円)→無料体験できる!「頭のいい子」を育てる方法

mamaPRESS編集部

mamaPRESS編集部

mamaPRESS編集部です!“「ママ」であることをもっと楽しみたい!輝きたい!”そんなママたちのために「ママ」が知りたい情報だけをお届けしています。mamaPRESSを読むことで、心に...

詳しくはこちら

「ねえこれ知ってる?」
友だちにも教えてあげよう♪

泣けると話題に!毎日仕事に家事に忙しいママと子どもに読んでほしい『たからもののあなた』

この記事が気に入ったら
いいね!してね

mamaPRESSの最新情報をお届けします

関連キーワード
あなたにオススメ