ユーザー名
  • instagram

夫婦

2017.07.10

いいことばかりじゃない!?イクメンパパへのイラッとエピソード

いいことばかりじゃない!?イクメンパパへのイラッとエピソード

女性の社会進出にともない、パパの育児参加が当然の時代になってきましたね。

育児や家事に積極的に関わってくれる“イクメンパパ”は、この上なく力強いママのサポーターです。しかし、一方で、ママをイラッとさせてしまうポイントもあるようです。

メリットばかりじゃない? イクメンパパを持つママに聞いたイラッとエピソードをご紹介します。

ママは爆発寸前!?イクメンパパにイラッとした瞬間とは?

イクメンパパへのイラッとエピソード

Photo/MCarper/shutterstock

それではさっそく、筆者の周りのママたちから集めたエピソードを4つご紹介します。

パパは“優しい”…!?いつもママは悪者に…

「休日に子どもたちを公園に連れて行ってくれるのは助かる。
でも、帰ってくると、子どもと「ママってウルサイよねー 笑」「ねー 笑」みたいな、変なチーム感をかもし出して悦に入ってるところがムカつく。
子どもたちは、「パパは優しいから大好き!」…って、イヤイヤそれは“優しい”じゃなくて“甘やかし”だって!
子どもに迎合して、ご機嫌とっているのが丸わかりで本当にムカつく!
しかも、なぜかママが悪役になってるし!」
(30代ママ)

たまの育児ならそりゃ優しくできるでしょう…。パパも四六時中休みなく毎日子どもたちと一緒にいたら、“優しい”だけではいられないですよね!

「今日は特別」なんて使わないで…!

「虫歯予防に3歳までチョコレート禁止!は、夫も納得したルールだったはず。
なのに、私に隠れてこっそり食べさせてる。そのほかにも、さまざまなルール違反が上の子どもから密告されている。
「今日は特別!」いつもパパは言うけれど、2歳半の子どもに“特別”はわからない!
チョコが食べたくて毎日息子は大号泣。私のストレスは最大値!」
(30代ママ)

「今日だけ」は子どもには通用しません…。ルール違反のツケを日々払わされるのはママなんですよね…怒。

“危険”と“冒険”は隣りあわせ…

「子どもには冒険させる!がパパの育児方針。
それはいいけど、もうちょっと安全面も考えて!
公園でパパと遊ぶ姿はヒヤヒヤもの。見てはいても、手は貸さない。高いところに登って行っても注意ナシ。
目を離していないのはわかるけど、それだけじゃまだ危なすぎる!
パパは子どもを遊びに連れて行ってくれようとするけど、子どもの安全が心配で、結局私もついていくことに…。息抜きできない!」
(20代ママ)

パパの「大丈夫!」はママにとっては「どこがだよ!」なことも。目も手も離さないでいてほしい!と思うママゴコロをわかってほしいものです。

それを洗うのは結局いつも私なんですけど…

「イクメンパパと遊んだ子どもたちは大満足。ドロッドロに汚れた服や靴を見れば、ママにはできない、男の子向けの遊び方をさせてくれているのは一目瞭然。そこはありがたいけれど、問題はそのあと。
地獄レベルで汚れた服と靴、洗うの私なんですけど…
パパがいつも言う「あとで洗うからー」の「あと」っていつ?
汚れもの玄関に放置して、子どもと一緒にソファでテレビ見ちゃってるじゃん。
“遊ぶだけ”なら楽だよー!
ママは、遊びプラス“家事”もしているんだー!」

実は、これは筆者の叫びです…(笑)。汚れもの、すぐに洗ってほしくないですか?

それに、パパがしてくれる“家事”って、ツッコミどころが満載なんです…。ご飯を作ってくれたけどキッチンはメチャクチャとか、窓ふきしてくれたけど床がビチョビチョ&掃除用具が出しっぱなしとか…泣

とてもイライラします!

1 2
ベビーパーク体験2回コース(8,640円)→無料体験できる!「頭のいい子」を育てる方法

ベビーパーク体験2回コース(8,640円)→無料体験できる!「頭のいい子」を育てる方法

山上あめ

山上あめ

中学生女子・小学生男子・幼児男子のリケジョママです。女子の口の達者さと男子の底抜けの体力についていくべく日々奮闘中。教員免許を所有し、進学塾や家庭教師の経験アリ。教育...

詳しくはこちら
あわせてチェック!

    「ねえこれ知ってる?」
    友だちにも教えてあげよう♪

    いいことばかりじゃない!?イクメンパパへのイラッとエピソード

    この記事が気に入ったら
    いいね!してね

    mamaPRESSの最新情報をお届けします

    関連キーワード
    あなたにオススメ