ユーザー名
  • instagram

ミルク、食べこぼしのシミ…『子どもの汚れモノ』洗濯術

ミルク、食べこぼしのシミ…『子どもの汚れモノ』洗濯術

正しい洗濯方法を知っていれば
いつも清潔♪いつもキレイ♪

 


食べ・飲みこぼし、うんちやおしっこ、嘔吐など…、赤ちゃんや子どもがいると、何かと汚れて洗濯物が増えますよね。正しい洗濯方法の基本を知っておけば、お洗濯が確実に!そして、子どもにいつもキレイなお洋服を着させてあげられます!


 ミルク、食べこぼしのシミ…『子どもの汚れモノ』洗濯術_1 ☆基本の洗い方


1.
固形物がある場合は取り除く



2.
洗濯用固形石けんを汚れの
気になる部分に塗りつけ、
ぬるま湯(約40℃)でつまみ洗い!



3.
汚れがひどい場合は、洗剤と
酸素系漂白剤をぬるま湯に溶かし、
20分~1時間つける



4.
洗濯機で普通に洗う!
ミルク、食べこぼしのシミ…『子どもの汚れモノ』洗濯術_2


 


<ミルクや母乳の汚れは…>


洗うときは時間をあけず、お湯ではなく水がおすすめ。おもな成分がたんぱく質なため、お湯で洗うと汚れが落ちにくくなります。


 


<果物や果汁の汚れは…>


大抵の果汁のシミは水溶性なので、時間をあけずに洗えばすぐに落ちることがほとんど。変色して落ちにくくなった場合は、酸素系漂白剤につけてから洗います。


 


<うんちやおしっこの汚れは…>


洗剤と酸素系漂白剤でつけおき洗いをすればOK。除菌・消臭にもなります。ただし、時間がたつほど汚れもにおいも落ちにくくなるので、できるだけ早く洗って。


 


<嘔吐の汚れは…>


沸騰させた湯に1分以上つけ、殺菌・消毒します。ウイルスが原因の場合、酸素系漂白剤では死滅しないので注意!また、洗濯した衣類や肌着に100℃以上の高温でアイロンをかけると、殺菌効果があります。


 


 


【いつも何で洗濯している?】ミルク、食べこぼしのシミ…『子どもの汚れモノ』洗濯術_3出典:CO・OP子育てコープ


 


正しく洗えれば、「洗ったのにシミが残ってる…」なんてガッカリも、二度手間になることも、ナシ!母子ともに気持ちのよい毎日が送れそうですね♪


 


(文/岩崎未来)


 


 


ベビーパーク体験2回コース(8,640円)→無料体験できる!「頭のいい子」を育てる方法

ベビーパーク体験2回コース(8,640円)→無料体験できる!「頭のいい子」を育てる方法

あわせてチェック!

    「ねえこれ知ってる?」
    友だちにも教えてあげよう♪

    ミルク、食べこぼしのシミ…『子どもの汚れモノ』洗濯術

    この記事が気に入ったら
    いいね!してね

    mamaPRESSの最新情報をお届けします

    関連キーワード
    あなたにオススメ