ユーザー名
  • instagram

想像を絶する痛み!? 授乳でおっぱいが切れた時の対処法

想像を絶する痛み!? 授乳でおっぱいが切れた時の対処法

可愛い可愛い赤ちゃんへの授乳が、「こんなに痛いなんて聞いてない!」

 

赤ちゃんがおっぱいを吸うたびに激痛が伴い、そんな痛みに耐えながら頑張っているママも実は多いようです。今回はそんなママたちのために原因や対策をお伝えします。

おっぱいが切れる原因とは?

oppai_1

授乳をはじめてまもなくの傷は、ママの乳首の皮膚が弱いためです。出産から間もないと乳管が完全に開いていないため、乳首が硬く伸びない状態だと切れてしまいます。

また、ママが授乳に慣れず姿勢が悪いと赤ちゃんとのタイミングが合わないために引っ張り飲みになってしまい、乳首に余計な負担をかけてしまっている場合もあるようです。

赤ちゃんの歯が生えてからの場合の切り傷は、飲ませ方がいつも同じ角度であると、あたり具合により切れてしまう原因となっていることがあります。短時間に区切って片方ずつ与えたり、飲ませ方にもいろいろな抱え方を試してみるといいでしょう。

切れてしまった場合の対処法

oppai_2

取り急ぎは“キズパワーパッド”を

頻回授乳時期の場合の応急処置として人気なのは絆創膏の「キズパワーパッド」です。通常の絆創膏と違い、外側はバイ菌や水の侵入を防ぐポリウレタンフィルムといった頑丈な作りになっています。

そして、内側は傷口が早く綺麗に治るようにハイドロコロイド粒子といったゼリー状のクッションのような二重構造のため、傷口が広がるのをおさえてくれます。痛みから少し解放されるかもしれませんね。

産婦人科の母乳外来で正しいケアを

赤ちゃんが乳首を引っ張る原因に乳管の詰まりも考えられます。助産師さんへの相談や、おっぱいマッサージをおこなってもらうとよいでしょう。マッサージだけでなく、授乳の正しい姿勢や赤ちゃんが正しく乳首を吸えているかのチェックがしてもらえますよ。

想像を絶する痛み! ママたちの叫びをお聞きください

ママたちの生の声は、いかがでしたか? 中には授乳時間が恐怖の時間とも…。出産、子育ての大変さや楽しさを聞く機会は多いにありますが、授乳時の大変さを聞くことはなかなかありません。そのギャップに心折れそうになるママもいるようです。

授乳時のおっぱいの切り傷による痛みは相当なものです。あのなんとも言えないツーンとした痛み、かく言う筆者も元気な男の子2児の授乳時には、涙ながらの授乳をしていたことを思い出しました。

正しいケアを施せば、自然とおっぱいも赤ちゃんも慣れてくるので快適かつ幸せな時間となります。今痛みに耐えているママたち、頑張ってくださいね!

参照/魔法のおっぱい「おっぱいが切れた時の対処法」

mamaPRESS編集部

mamaPRESS編集部

mamaPRESS編集部です!“「ママ」であることをもっと楽しみたい!輝きたい!”そんなママたちのために「ママ」が知りたい情報だけをお届けしています。mamaPRESSを読むことで、心に...

詳しくはこちら

「ねえこれ知ってる?」
友だちにも教えてあげよう♪

この記事が気に入ったらいいね!してね

想像を絶する痛み!? 授乳でおっぱいが切れた時の対処法

この記事が気に入ったら
いいね!してね

mamaPRESSの最新情報をお届けします

関連キーワード
あなたにオススメ