ユーザー名
  • instagram

子ども

2016.01.28

風邪もインフルエンザもこれで撃退!効果テキメン『お茶うがい』

風邪もインフルエンザもこれで撃退!効果テキメン『お茶うがい』

今年も流行している風邪やインフルエンザなどの感染症。子どもがたくさんいる児童館や園では、感染症が流行るのもあっと言う間です。そしてやっと風邪が治っても、またすぐにもらってきちゃうのがママの悩みどころでもありますよね。

そうなるともう予防に力を入れるしかありません! そこでオススメなのが『お茶うがい』。こちらは、内科医も推奨するうがい方法なんですよ。

風邪も咳も撃退してくれる『お茶うがい』とは?

気になる『お茶うがい』ですが、実際にはどのような効果があるのでしょうか。
そもそもうがいとは、口を洗浄することで、口を通じて侵入してくるウイルスや細菌が粘膜から侵入するのを防いでくれるもの。口臭を防ぐ効果もあります。

1日の朝、昼、晩の3回うがいをした人は、うがいを全くしない人に比べて、風邪などの感染症にかかる確率が4割も減少すると言う研究結果もあるほど。

このうがいをする水をお茶にすることで、お茶に含まれる『カテキン』が殺菌効果を促します。また、発酵している紅茶は殺菌効果が非常に高く、緑茶はビタミンCが豊富で喉の粘膜を修復してくれる効果があるのだとか。

風邪やインフルエンザにかからないためには、喉の保温と殺菌が重要なポイント。そのためお茶でうがいをすることは、予防効果が高まるのです。

期待大の『お茶うがい』の方法を紹介

この時期特に効果が期待できる『お茶うがい』をさっそく実行してみましょう!

1.お茶を準備する

いつも通り急須やポットでお茶を淹れます。うがいに使うのは1番茶ではなく出がらしで十分です。薄く色づいたお茶を冷まして使います。ちなみに茶葉は、緑茶、紅茶、ウーロン茶どれでも構いません。作り置きは冷蔵庫で保存して2〜3日で使い切るようにしましょう。

2.うがいをする

お茶が冷めたら、さっそくうがいをしましょう。
まず強めにブクブクと口の中をすすぎます。2度目は上を向いてガラガラと口腔をうがい。この時、絶対に飲まないように注意してください。3度目は喉の奥を洗うような感覚でガラガラと行います。たったこれだけです。簡単でしょ?

少し前にテレビでも紹介され、話題になっていた『お茶うがい』。今年の冬は息子が何度も風邪を引き、内科医に勧められたのをきっかけに筆者もはじめました。

喉風邪を引くと必ず緑茶うがいをしているのですが、うがいをした後とても喉が楽になります。これが粘膜の修復効果ということですね。今年も既に流行しているインフルエンザなどの感染症に備え、毎日の予防にこの『お茶うがい』をオススメします。

参照/やまでら くみこのレシピ 「名医がすすめる風邪の治し方。温かいお茶でうがいをする。」
「インフルエンザ予防に「緑茶」が効果的!? 「緑茶うがい」もオススメ」

ベビーパーク体験2回コース(8,640円)→無料体験できる!「頭のいい子」を育てる方法

ベビーパーク体験2回コース(8,640円)→無料体験できる!「頭のいい子」を育てる方法

ナミエマユコ

ナミエマユコ

大自然と動物と、美味しいものが大好きなフリーライター。最近一児の母になりました。なってみて解ったのは、子育ては幸せな反面、悩みも尽きないってこと。そんな悩めるママたち...

詳しくはこちら
あわせてチェック!

    「ねえこれ知ってる?」
    友だちにも教えてあげよう♪

    風邪もインフルエンザもこれで撃退!効果テキメン『お茶うがい』

    この記事が気に入ったら
    いいね!してね

    mamaPRESSの最新情報をお届けします

    あなたにオススメ