ユーザー名
  • instagram

ママ友

2015.10.12

「人の死さえも嘲笑う…」陰湿なママ友いじめの実例5ケース

「人の死さえも嘲笑う…」陰湿なママ友いじめの実例5ケース

幼稚園習い事など、子どもの集団生活が始まるとグッと身近なものになる『ママ友』との付き合い。円満なお付き合いが出来れば何も問題はないのですが、中にはいじめや嫌がらせをする陰湿なママも…。まるでドラマのような世界が現実に起こっているのです。

そこで、今回は実際に起こったママ友いじめについてケース別にご紹介します。


【ケース①】本当にあった! 恐怖のママカースト

夫の職業や収入、住んでいる場所や家の大きさ、服装や持ち物などで格付け(いわゆるカースト)をして上下関係を作ってしまう『ママカースト』なるものが存在します。

例えば、裕福なママ友グループでのランチ会。設定金額を8000円にして、ちょっと高額なために困っている一般のママを見て笑うセレブママがいるという体験談がありました。夫の社会的地位が高いと、自分まで地位が高いように錯覚してしまうのかもしれません。


【ケース②】リーダー格のママを怒らせてしまった

幼稚園のママグループでの話。おしゃれで金銭的にも余裕のあるリーダーママを筆頭に、グループで仲良くお付き合いしていたのに、新学期を機に突然無視されるように。

本人には理由がさっぱり分からなかったようですが、あとから他のママがこっそりと教えてくれた理由によると、どうやら日頃の会話の中で、彼女の持ち物のブランドがよく分からなかったり、子どもの教育方針が違う事を悪気なしに口にしてしまったりと、リーダーママを無意識にイライラさせていたようです。


【ケース③】自分だけが仲間はずれにされてしまった…

同じアパートがきっかけで付き合うようになったママ友グループ。その内の一人は後から引っ越してきたママなのですが、どうやら一人のママさん(Aさん)のことが気に入らなかった模様。結果的に他の人たちを巻き込んでAさんをさけるようになりました。

他の皆でバーベキューやキャンプに行ったり、お揃いのおもちゃを自分の子どもだけ持っていなかったり…。自分だけならまだしも、子どもが悲しい思いをするのがとても辛かったとか。


【ケース④】高スペックママであるがゆえにいじめの対象に

Bちゃんのママはいわゆる『完璧な勝ち組』。高学歴で高収入、高ステイタスで誰がみても羨むような完璧さを身につけています。職業は医者なので仕事もとても忙しいのですが、家事も夫の協力を得ながら出来る範囲でこなしている頑張り屋さんです。

また、子どものBちゃんも容姿端麗な上に、ちょっと他の子たちとはちがう『できる子』でした。当然幼稚園の中でも目立った存在の親子になります。

エスカレーター式の私立に通っていましたが、他のママ達と平日にランチに行く時間のない彼女は、段々と嫉妬と妬みゆえの噂だけが広まってしまうように…。子どもまでいじめにあうようになってしまったので、今後の事を考えて結局は退園してしまったそうです。


【ケース⑤】人の死さえも嘲笑う、鬼のようなリーダーママ

Cさんの夫が急な病気で亡くなってしまった時のこと。対立するママグループのリーダーと取り巻きに「遺骨になったらお焼香させてね」と、悲しみに暮れている所に追い打ちをかけるような言葉を浴びせられました。

更に、数日休んだ後で幼稚園に行くと、「シンママは保育園に行くんじゃないの?」と心ない言葉をかけられたり、ネット上でも「ざまあみろ』と書き込みをされたり…。もはやここまで来ると人間性を疑いますが、Cさんは逆に「なにくそ!」と頑張れたそうです。

これぞ、強くて立派なママですね。


ささいな事がきっかけで始まっても、気づけば取り返しがつかないほどエスカレートしてしまう可能性のあるママ友いじめ。子どもの頃教わった「人の嫌がる事をしてはいけません」「仲間外れはいけません」という教えは大人になっても決して忘れてはならないのです。

この状態は危険かも…と思ったら、上手くフェードアウトしてなるべく関わらないようにするなど防御策も考えて自分や子どもを守りましょうね。


参照/
AllAbout『本当にあったママ友トラブルの怖い話』
gooベビー『ほとんどいじめ寸前?ママ友達からの仲間外れ、無視・・・』

ベビーパーク体験2回コース(8,640円)→無料体験できる!「頭のいい子」を育てる方法

ベビーパーク体験2回コース(8,640円)→無料体験できる!「頭のいい子」を育てる方法

mamaPRESS編集部

mamaPRESS編集部

mamaPRESS編集部です!“「ママ」であることをもっと楽しみたい!輝きたい!”そんなママたちのために「ママ」が知りたい情報だけをお届けしています。mamaPRESSを読むことで、心に...

詳しくはこちら
あわせてチェック!

    「ねえこれ知ってる?」
    友だちにも教えてあげよう♪

    「人の死さえも嘲笑う…」陰湿なママ友いじめの実例5ケース

    この記事が気に入ったら
    いいね!してね

    mamaPRESSの最新情報をお届けします

    関連キーワード
    あなたにオススメ